法人トップ > 病院トップ > 病院情報の公表

ここから本文です

病院情報の公表

平成30年度 筑波メディカルセンター病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1525 297 225 313 724 995 1976 2451 1487 435
年齢階級別退院患者数は30年度に当院を退院された患者さんの年齢を10歳刻みで集
計しました。
90歳階級は90歳以上を1つの階級として集計してあります。

◇解説
当院は、地域医療支援病院、救命救急センター、茨城県地域がんセンター(地域がん診
療連携拠点病院)、災害拠点病院、臨床研修病院とさまざまな機能を担った急性期病
院として幅広い年齢層の患者さんを診療しています。
70歳代の患者さんが一番多く、60歳以上の割合が全体の約55%を占めています。
当院は、つくば二次医療圏(つくば市、常総市)の小児救急医療を担っており、また、つく
ば市は子育て世代の人口も増加しているため、10歳以下の患者数が多いのも当院の特徴
です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 19.85 16.18 23.08 62.54
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 18.22
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 副傷病なし 16.16
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18.72
010080xx99x001 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし15歳以上 12.09
◇解説
脳神経内科は、脳梗塞の患者さんが最も多く、エダラボン(脳保護剤)を使用する患者
さんが多く、転院率では約23%の方がリハビリテーション専門病院に転院されて治療を継
続しています。
次いで副傷病名のある脳梗塞の患者さんと続いています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 285 1.01 2.14 0.00 3.33
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 228 6.32 6.62 0.44 2.67
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 147 6.56 5.71 2.04 3.54
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 142 6.05 6.19 0.70 1.03
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 137 1.12 2.47 0.00 5.26
◇解説
小児科は、食物アレルギーの患者さんが最も多く、次いで喘息、肺炎、急性気管支炎
の患者さんとなっています。
平均在院日数が短いのが特徴です。
救急診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 3.38 3.56 5.48 41.11
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 64 5.34 5.49 0.00 39.86
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 3.64 7.35 1.64 32.51
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 9.46 8.95 4.17 69.02
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 44 5.43 6.78 0.00 37.45
◇解説
救急診療科は、薬物過量服用による薬物中毒の患者さんが最も多く、次いで虫垂炎
となっています。
交通外傷や転落等の外傷による頭蓋・頭蓋内損傷の手術を行わない患者さんでは全
国平均在院日数より4日程度短くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 72 28.79 26.30 56.94 79.92
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 58 3.84 5.68 0.00 48.10
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 46 27.98 19.61 32.61 74.35
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 39 5.21 5.55 2.56 21.26
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 副傷病なし 34 4.94 6.07 0.00 38.91
◇解説
整形外科では、骨折の手術を受けられる患者さんが多く、骨折部位としては大腿骨が最も
多く、次いで前腕骨折です。大腿骨骨折は、高齢者が多いため、手術後に体調が安定し
たら、リハビリテーション専門病院へ転院して治療を継続される方が多いです。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 71 15.14 16.18 23.94 69.20
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 19.10 18.72 52.54 63.93
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 7.82 7.35 2.27 52.14
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 15.55 16.16 22.58 72.58
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 6.90 9.69 9.68 69.13
◇解説
脳神経外科では、脳神経内科同様、脳梗塞の患者さんが最も多く、次いで非外傷性頭蓋
内血腫(脳出血)、頭蓋・頭蓋内損傷で手術を行なわない患者さんと続きます。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 82 11.13 11.87 0.00 69.85
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 11.20 10.08 0.00 26.44
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 18 2.39 3.43 0.00 71.56
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 9.29
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり 8.66
◇解説
呼吸器外科では、肺癌で手術治療を受ける患者さんが多くを占めています。次いで気胸で
手術治療を受ける患者さん、肺癌で手術以外の治療・処置を受ける患者さんが多くなって
います。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 62 2.00 2.85 0.00 66.16
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 30 19.53 24.00 0.00 69.53
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 27 11.26 12.01 0.00 72.93
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 20 30.00 28.37 5.00 59.55
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2なし 15 14.40 17.30 0.00 65.53
◇解説
心臓血管外科では、下肢静脈瘤の患者さんが最も多く、次いで心臓弁膜症(大動脈弁
狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症等)に対する患者さんが多くを占めています。
手術による治療が主体となり、生体弁・機械弁を用いた弁置換術や弁形成術を実施して
います。
また、胸部・腹部大動脈瘤や大動脈解離の患者さんも多く、ステントグラフト内挿術や開
胸・開腹手術による人工血管置換術を実施しています。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 183 2.08 2.53 0.00 71.33
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 106 4.45 7.40 0.00 73.88
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 87 4.76 5.62 1.15 60.17
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 80 5.96 8.65 0.00 71.61
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 29 6.24 7.20 0.00 74.14
◇解説
泌尿器科では、前立癌に対する検査が最も多く、次いで膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍
手術(経尿道的手術)となっています。
治療のための平均在院日数は全国平均と比べて短く、早期に退院できるのが当院の特徴
です。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 63 8.41 9.87 0.00 42.57
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 43 2.02 3.20 0.00 40.77
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 39 7.31 6.28 0.00 43.28
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 18 12.39 12.58 0.00 58.22
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 18 8.28 10.16 0.00 49.94
◇解説
産婦人科は、子宮の良性腫瘍(子宮筋腫)による、手術を中心とした患者さんが最も
多くなっています。
次いで、卵巣の良性腫瘍で卵巣部分切除を行う患者さんも多く、患者さんの状態にも
よりますが、腹腔鏡や開腹による手術を行なっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 121 2.60 3.43 0.83 70.50
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 87 11.29 10.00 1.15 67.36
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 72 23.31 19.06 0.00 69.67
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病あり 60 18.42 17.28 0.00 72.25
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 52 18.75 14.58 0.00 74.52
◇解説
呼吸器内科は、肺の悪性腫瘍の患者さんが最も多く、内訳として抗がん剤による化学
療法や気管支鏡・肺生検といった検査目的とした患者さんになっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 303 3.18 3.01 0.33 67.22
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 248 4.75 4.47 0.00 66.38
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 144 20.86 17.66 7.64 81.39
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 132 13.45 12.52 1.52 68.52
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 127 3.20 3.15 0.00 66.38
◇解説
循環器内科は、急性心筋梗塞、狭心症、心不全などさまざまな患者さんを受け入れい
ます。狭心症の患者さんが最も多く、心臓カテーテル検査や冠動脈インターベンション治
療(PCI)が中心となっています。
消化器内視鏡科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 321 2.26 2.67 0.00 63.72
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 61 6.59 8.52 0.00 73.33
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 36 6.86 7.15 0.00 71.75
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病あり 30 2.43 3.94 0.00 71.73
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 29 6.45 7.09 3.45 68.69
◇解説
消化器内視鏡科は、大腸疾患が最も多く次いで胃の悪性腫瘍疾患となっています。内容
としてポリープ切除や粘膜下層剥離術などになります。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 83 4.08 4.96 1.20 68.94
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 66 4.77 6.52 1.52 58.82
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 48 3.94 6.70 0.00 65.85
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 16.21 16.49 0.00 67.75
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 15.04 15.30 0.00 69.25
◇解説
消化器外科は、鼠径ヘルニアで手術を行なう患者さんが最も多く、次いで胆嚢疾患、胃の
悪性腫瘍と続きます。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 55 14.04 12.58 3.64 72.22
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 21.80 20.92 20.00 85.78
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 26 13.65 12.51 7.69 73.54
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 25 14.04 10.03 4.00 75.60
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 25 15.64 19.01 12.00 79.20
◇解説
総合診療科は、高齢者の割合が高く尿路感染症の患者さんが最も多く、次いで誤嚥性肺
炎と続きます。
乳腺科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)等 手術・処置等2なし 67 10.96 10.59 0.00 57.03
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 44 4.43 6.23 0.00 59.41
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 8.23
090010xx99x01x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 13.15
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 4.02
◇解説
乳腺科は、乳癌の乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)等の患者さんが最も多く、
次いで乳房部分切除(腋窩部郭清を伴わないもの)と続きます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 79 20 24 26 17 26 1 7,8
大腸癌 38 41 40 24 28 30 1 7,8
乳癌 50 21 20 11 1 7,8
肺癌 70 17 82 145 82 193 1 7,8
肝癌 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌5大癌と呼ばれている、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発の
UICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計しました。

◇解説
初発の5大癌で最も多いのは、肺癌で次いで大腸癌、胃癌と続きます。再発で最も多いの
も肺癌となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 7.79 48.54
中等症 124 13.97 78.09
重症 62 21.66 85.92
超重症 13 40.38 82.31
不明
成人市中肺炎の患者さんの人数を重症度別に集計しました。重症度は、成人市中肺炎
診療ガイドラインによる(A-DROP)を用いて分類しました。

◇解説
中等症の患者さんが最も多く、年齢が上がるにつれて重症になっており在院日数も長くなっ
ています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 264 22.52 73.98 32.20
その他 31 22.00 72.58 5.08
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。

◇解説
脳梗塞は、発症後3日以内に入院する患者数が多くを占め、全体の約90%となっており
平均在院日数は22日程度となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
救急診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 64 0.61 3.73 0.00 39.86
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 11 2.27 17.73 0.00 71.73
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定)
K7191 結腸切除術(小範囲切除)
K639 急性汎発性腹膜炎手術
◇解説
救急診療科は、虫垂切除術が最も多く緊急性が高いため術前日数が短くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 71 2.38 21.69 40.85 71.42
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 52 3.10 7.58 5.77 46.44
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 42 0.55 1.24 0.00 43.43
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 35 2.37 9.17 0.00 49.69
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 30 2.27 3.63 3.33 43.10
◇解説
整形外科は、骨折観血的手術が最も多くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 45 1.24 6.22 8.89 78.53
K1781 脳血管内手術(1箇所) 30 4.23 16.13 26.67 64.43
K178-4 経皮的脳血栓回収術 24 0.17 26.42 45.83 77.96
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 21 0.95 25.76 47.62 59.10
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 21 7.33 13.43 19.05 72.62
◇解説
脳神経外科は、慢性硬膜下血腫に対する手術が多く、次いで脳動脈瘤コイル塞栓術や血
栓回収療法(脳血管内手術)、開頭クリッピング術や頸動脈内膜剥離術(直達術)と
続きます。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 49 1.73 8.65 0.00 69.88
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 26 4.31 5.65 0.00 26.92
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 23 1.96 7.91 0.00 71.04
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 11 1.00 6.27 0.00 56.36
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 11 1.45 6.45 0.00 62.00
◇解説
呼吸器外科は、胸腔鏡下で行う肺の悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)
が最も多くなっています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 62 0.73 0.27 0.00 66.16
K5551 弁置換術(1弁) 22 2.59 17.59 4.55 71.45
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 19 2.53 15.47 0.00 63.47
K5612イ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(胸部大動脈) 17 1.88 9.82 0.00 68.94
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 16 2.25 19.06 12.50 70.75
◇解説
心臓血管外科は、下肢静脈瘤に対するレーザー治療が最も多く、次いで心臓弁膜症(大
動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症等)に対する人工弁・機械弁を用いた弁置換術と続
きます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 146 1.45 2.77 0.00 73.63
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 92 1.33 2.51 1.09 61.22
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 79 1.80 3.19 0.00 71.56
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 31 1.32 6.97 6.45 69.45
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 20 2.45 7.40 0.00 62.65
◇解説
泌尿器科は、膀胱悪性腫瘍手術に対する経尿道的手術が最も多く、癌のみならず前立腺
肥大症や尿路結石症の手術にも力をいれています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 57 1.09 6.42 0.00 46.18
K867 子宮頸部(腟部)切除術 43 0.02 1.00 0.00 40.77
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 41 1.15 5.15 0.00 42.61
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 21 1.05 6.29 0.00 50.52
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) 18 1.00 6.22 0.00 35.00
◇解説
産婦人科は、子宮全摘術が最も多く、次いで子宮頸部(腟部)切除術、子宮附属器腫
瘍摘出術(腹腔鏡)と続きます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 196 2.48 3.06 0.00 67.45
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 104 0.00 15.27 4.81 68.63
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 95 1.67 2.94 4.21 72.91
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 59 0.39 11.44 0.00 69.88
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 58 7.02 11.72 8.62 85.16
◇解説
循環器内科は、急性心筋梗塞以外の冠動脈インターベンション(PCI)が最も多く、
次いで急性心筋梗塞のPCIと続きます。
閉塞性動脈硬化症に対する四肢の血管拡張術・血栓除去術や大動脈弁狭窄症に
対する経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)も多く実施しています。
消化器内視鏡科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 313 0.06 1.10 0.00 64.75
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 82 0.59 5.10 1.22 68.88
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 58 0.38 5.24 0.00 73.24
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 26 0.12 2.15 0.00 61.42
K654 内視鏡的消化管止血術 19 0.47 3.58 0.00 64.11
◇解説
消化器内視鏡科は、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)が最も多
く、早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術(ESD)も多く実施しています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 83 1.31 2.39 1.20 57.27
K6335 鼠径ヘルニア手術 83 1.53 1.55 1.20 69.13
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 28 7.43 19.07 3.57 70.32
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 21 2.38 10.95 0.00 67.19
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 19 3.11 21.05 0.00 72.05
◇解説
消化器外科は、腹腔鏡による胆嚢摘出術・鼠径ヘルニアに対する手術が最も多く、次いで
結腸切除術と続きます。
乳腺科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 45 1.11 2.36 0.00 60.22
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 23 1.04 7.87 0.00 60.00
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)(腋窩鎖骨部郭清を伴うもの) 13 1.77 10.62 0.00 55.85
K4761 乳腺悪性腫瘍手術(単純乳房切除術(乳腺全摘術)) 10 1.20 7.90 0.00 55.20
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う))
◇解説
乳腺科は、乳癌に対する乳房部分切除術でリンパ節郭清を伴わないものが最も多くなってい
ます。次いで乳房切除となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 19 0.18
異なる 26 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.12
異なる
播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と発生率を集
計しました。
DPC病名と入院の契機が同一か異なるかで集計しています。

◇解説
敗血症は入院契機と異なる疾患のほうが同一の疾患より多いが、発生件数としては少ないと考えられます。
入院契機となる傷病としては、さまざまな傷病がありますが、尿路感染症が多いです。
手術・処置等の合併症としては、ほとんどが入院契機と同一です。
傷病としては、人工血管感染、ペースメーカー移植後感染症、手術創部解離が上位を占めます。
更新履歴
2019/09/27
平成30年度 筑波メディカルセンター病院 病院指標 公開
2018/09/27
平成29年度 筑波メディカルセンター病院 病院指標 公開
2017/09/27
平成28年度 筑波メディカルセンター病院 病院指標 公開
2016/09/27
平成27年度 筑波メディカルセンター病院 病院指標 公開