法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 機能と取り組み > 茨城県地域がんセンター・地域がん診療連携拠点病院 > 緩和ケアセンター

ここから本文です

機能と取り組み

緩和ケアセンター

緩和ケアとは

緩和ケアは、重い病を抱える患者さんやそのご家族お一人お一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアです。
緩和ケアは終末期だけに提供されるものではなく、病状のどの時期においても行われる医療です。

当院の緩和ケアセンターの目標は「がん患者さんとその家族が、病気や療養場所に関わらず適切な緩和ケアを受けることができるように支援する」ことです。

そのために、緩和医療科外来、緩和ケアチーム、緩和ケア病棟・病床など緩和ケアに関する部門が協力して診療にあたっています。

当院にかかられていない方でも相談は可能です。患者さんやご家族から直接ご相談をいただく場合には、患者家族相談支援センター・がん相談支援センター(電話直通:029-858-5377)で受け付けしています。
※医療機関からの紹介については、地域医療連携課にご連絡をください。状況に応じて受診の予約など調整させていただきます。
※緩和医療科外来へ受診となる場合には、現在の主治医(かかりつけ医)からの紹介状が必要です。


平成26年1月がん診療連携拠点病院等の整備に関する指針により、都道府県拠点病院に「緩和ケアセンター」の設置が義務付けとなりました。
地域がん診療連携拠点病院である当院は現時点では指定要件になっていませんが、より円滑に緩和ケアを提供する体制を整備することを目的にセンターを開設いたします。

役割


◇専門的な緩和ケアが必要な患者さんやご家族に対し、質の高い緩和ケアを提供します
◇がん治療と並行した質の高い緩和ケアの提供をします
◇納得してがん治療を受けられるように意思決定を支援します
◇院内の医療チームが質の高い緩和ケアが提供できるように支援します
◇がん以外の疾患の患者さんへの緩和ケアの提供体制についても整備していきます


◇患者さんの状況に応じて適切な療養場所について相談します
◇専門的な緩和ケアが必要な患者さんが円滑に受診できるように支援します
◇患者さん・ご家族等からの緩和ケアの相談に対し専門的で適切なケアを提供します


◇地域の医療機関との連携を行うことで、地域の中で適切な緩和ケアを継続できるように支援します


◇質の高い緩和ケアを実践できるように医療者へ教育を行います
◇診断時からがん医療とともに緩和ケアを受けられることを広報していきます
【開催報告】
ELNEC-Jコアカリキュラム看護師教育プログラム