法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 診療・入院・治療の流れ > 診療科目 > 小児科

ここから本文です

診療科の紹介

小児科

診療案内

午前9時から午前11時30分までの一般の外来診療の他に、午後は専門の予約外来を開設しています。
予約外来では食物アレルギー(負荷試験を含む)、喘息、糖尿病・内分泌、夜尿、発達、てんかん、川崎病に関する診療を行っています。
また、基礎疾患のある乳幼児(要注意者)の予防接種も行っています。各医師の予約外来のスケジュールはホームページの外来診療表をご覧ください。

 

予防接種に関するお知らせ

当院では接種事故防止のため、予防接種当日の母子手帳持参を必須としています。
接種当日に母子手帳を持参されていない方は、予約変更(後日)をしていただくか、接種時間内であれば、ご自宅に戻り、あらためて持参いただくことになりますのでご了承ください。
接種時のお子さまの安全確保のため、必ず母子手帳を持参いただきますようお願いいたします。

医師紹介

役職等 専門分野 卒年  資格
今井 博則 診療部長
診療科長
小児救急 1988年 日本小児科学会専門医
日本医師会臨床研修・臨床実習指導医
AHA公認PALSインストラクター
髙橋 実穂 専門部長 小児循環器 1993年 日本小児科学会小児科専門医
日本循環器学会小児循環器専門医
日本胎児心臓病学会胎児心エコー認証医
林 大輔 専門科長 アレルギー 1999年 日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医・指導医(小児科)
原 英輝 2010年 日本小児科学会専門医
清木 香里 2013年 日本小児科学会専門医
小和田 恵以 専修医 2016年
岩﨑 友哉 2017年
以上 他に初期研修医1 ~ 4 名

 

教育について

臨床研修病院として初期研修医、後期研修医の教育に力を入れるとともに、筑波大学医学専門学群の学生教育を行っております。また、日本アレルギー学会アレルギー専門医教育研修施設の認定も受けており、小児アレルギー疾患の診療を志す研修医の教育も行っております。

 

救急外来について

365日24時間体制で重症、緊急の小児救急に対応しています。また18時から22時、休日昼間はつくば市医師会、真壁医師会、筑波大学医師の支援を得た共同利用型病院方式による診療を行っております。これら時間外外来においては、緊急度の高い患者さんを優先的に診察するためにトリアージ(緊急度、重症度による診察順位の決定)を行っています。
また、常勤医は夜勤明けの翌日が休みとなる体制を完備しています。

地域全体で小児救急医療を支える新しい取り組みです。どうかご理解、ご協力のほどお願いいたします。

 

小児救急疾患に関する情報

茨城県・茨城県小児救急医療協議会で作成したリーフレット
「子どもの救急ってどんなとき?(上手なお医者さんのかかり方)」はこちらからご覧いただけます。 PDFファイル

 

診療統計(2018年)

患者数統計

2018年 2017年
年間(人) 総数(%) 平均(人/日) 年間(人) 総数(%) 平均(人/日)
年間小児外来患者総数 24,633 67.5 25,779 70.6
小児救急外来受診者数 11,894 48.3% 32.6 12,709 49.3% 34.8
 内 夜間救急外来
(18:00~8:30)
8,236 33.4% 22.6 8,220 31.9% 22.5
 準夜帯(18:00~22:00) 5,078 20.6% 13.9 5,189 20.1% 14.2
 深夜帯(22:00~8:30) 3,158 12.8% 8.7 3,031 11.8% 8.3
年間小児入院患者総数 1,611 4.4 1,671 4.6
小児救急外来入院患者数 1,186 73.6% 3.2 1,262 75.5% 3.5
 内 夜間救急外来
(18:00~8:30)
483 30.0% 1.3 525 31.4% 1.4
 準夜帯(18:00~22:00) 302 18.7% 0.8 320 19.2% 0.9
 深夜帯(22:00~8:30) 181 11.2% 0.5 205 12.3% 0.6

入院患者統計(入院総数1,611名)

【呼吸器疾患】 【神経・精神疾患】 【血液腫瘍疾患】
気管支炎・肺炎 389 熱性けいれん 83 免疫性血小板減少性紫斑病 5(4)
気管支喘息 209 てんかん・その他のけいれん 40 好中球減少症 2(1)
上気道炎・扁桃炎 26 ウイルス性髄膜炎 6 悪性腫瘍 2
クループ症候群 11 急性脳炎・脳症 5 【その他の感染症】
中耳炎・副鼻腔炎 9 その他の神経疾患 3 不明熱 32
無呼吸 1 心身症 5 菌血症・敗血症 1
縦隔気腫 1 【腎・泌尿器疾患】 百日咳 2
【アレルギー・免疫疾患】 尿路感染症 73 その他のウイルス疾患 4
食物アレルギー
(経口負荷試験含む)
416 ネフローゼ症候群 2 化膿性リンパ節炎 23
アナフィラキシ- 29 急性糸球体腎炎 1 蜂窩織炎・皮膚感染症 12
アトピー性皮膚炎・蕁麻疹 9 【消化器疾患】 【その他】
川崎病 82 胃腸炎 33 事故・外傷 7
IgA血管炎 8 腸重積症 15 レスパイト 11(1)
その他の膠原病 6(4) 急性虫垂炎 15 BRUE・不詳 6
【代謝・内分泌疾患】 その他の消化管疾患 7(5) 虐待 1
低血糖・自家中毒 11(10) 肝膵疾患 4 ※( )内は重複症例を除いた人数
糖尿病 6 【循環器疾患】
その他の代謝・内分泌疾患 4(3) 不整脈 4
OD 1