法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 診療・入院・治療の流れ > 診療科目 > 脳神経外科

ここから本文です

診療科の紹介

脳神経外科

医師紹介

スタッフ紹介 役職等 専門分野 卒年  資格
上村 和也 診療部長 脊髄・脊椎、血管障害
外傷、良性腫瘍
1990年 日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脊髄外科学会認定医
池田 剛 診療科長 脳卒中の外科治療
脳血管内治療
2005年 日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
日本脳卒中の外科学会技術認定医
塚田 和明 2011年 日本脳神経外科学会専門医
五十嵐 晴紀 専修医 2014年
花井 翔 専修医 2015年
荒木 孝太 専修医 2015年
原 慶 専修医 2015年
秋本 雄 専修医 2017年
合計 8 名

脳神経外科の取り組み

 救命救急センターの脳神経外科として、質の高い急性期医療の提供に取り組んでいます。24時間体制のMRIや血管造影などの検査および手術により、一刻をあらそう脳神経救急医療を行っています。脳梗塞では、超急性期の血栓溶解療法、血管内治療による血栓回収療法により脳血流の回復につとめるとともに、発症当日からのリハビリ・栄養管理を含めたチーム医療を展開しています。くも膜下出血では、病態に応じて開頭クリッピング手術と血管内治療を選択しています。血管内治療は筑波大学脳神経外科と連携して行っています。脳内出血には低侵襲な定位的血腫吸引手術を含めて治療を行っています。地域の回復期リハビリテーション病院、かかりつけ医とも情報と目標を共有したシームレスな連携をすすめています。脳卒中再発予防には、患者さんとご家族にもチーム医療の一翼を担っていただくようにしています。

 重症脳外傷に対しては、緊急手術、低体温治療、脳圧モニターなどの集中治療を行い、多発外傷には多診療科で連携して治療を行っています。

 茨城県地域がんセンターの脳神経外科としてQOL向上を目標とした医療に取り組んでいます。悪性腫瘍は筑波大学との連携のもとに中性子捕捉療法や免疫治療などの先端医療を含めた治療計画に対応しています。転移性脳腫瘍には手術や定位的放射線治療により患者さんが時間を有効に活用できるように支援しています。

 脊髄・脊椎疾患は、脳と同様に中枢神経疾患です。神経機能の回復・保護を図るとともに、脊椎の長期の安定した支持性がえられるように治療方法を検討します。

高次脳機能障害・摂食機能障害にたいしては、リハビリテーション科との連携により機能改善をはかっています。

 これらの取り組みにより、日本脳神経外科学会および日本脳神経血管内治療学会の研修施設、日本脳卒中学会の研修教育病院に認定されています。

 

患者さんへ一言

脳卒中の予防には、血圧、コレステロール、喫煙、肥満、糖尿病などの生活習慣病についての日頃からの管理が重要です。また、脳卒中になってしまった場合には、すみやかな治療開始により脳機能を回復できることもあります。治療開始の遅れは、脳の障害を拡大します。発症したら、すぐに救急車を呼んで下さい。

神経の病気のなかには運動障害や意識障害などの後遺症を残すものも少なくありません。適切な治療で後遺症を出来る限り少なくするとともに、上手に克服するためのリハビリテーション、適切な介護方法の修得、介護サービスの活用など、幅広い対応が必要となります。治療効果の向上・患者さん生活状態の改善には、ご家族の治療への参加が必要となります。

脳ドックなどにより、ご自身の脳の健康状態をチェックすることもおすすめします。

診療統計(2017年)

手術統計

2017年 2016年
脳腫瘍 14 9
開頭脳腫瘍摘出術 11 9
Ommaya reservoir 3 0
脳血管障害 58 97
脳動脈瘤クリッピング(トラッピング含む) 21 45
血管腫摘出術 3 4
内頸動脈内膜剥離術 12 16
バイパス手術 12 7
開頭血腫除去 4 16
定位的血腫除去 0 0
その他 6 9
頭部外傷 87 85
硬膜外血腫除去術 1 8
硬膜下血腫除去術 5 16
減圧開頭術 4 0
慢性硬膜下血腫 67 46
その他 10 15
奇形 0 0
頭蓋・脳 0 0
水頭症 37 48
脳室シャント術 22 27
その他 15 21
脊髄・脊椎 13 11
腫瘍 2 0
変形性脊椎症 7 3
椎間板ヘルニア 3 2
後縦靭帯骨化症 1 2
その他 0 4
機能的手術 1 1
神経血管減圧術 1 1
血管内手術 121 141
脳動脈瘤血管内塞栓術 49 62
動静脈奇形 1 4
閉塞性脳血管障害 60 67
上記のうち血栓回収 42 40
その他 11 8
その他 17 19
348 411

PTA(経皮的動脈形成術)、CAS(頸動脈ステント留置術)、CEA(頸動脈内膜剥離術)


診療統計(2015年)