法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 診療・入院・治療の流れ > 診療科目 > 乳腺科

ここから本文です

診療科の紹介

乳腺科

医師紹介

スタッフ紹介 役職等 専門分野 卒年  資格
森島 勇 診療科長 乳癌の診断と治療  1989年 日本乳癌学会乳腺専門医
日本超音波医学会専門医・指導医
日本外科学会外科専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ検診読影医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
堂後 京子 乳房再建 1996年 日本形成外科学会形成外科専門医
越川 佳代子 1996年 日本乳癌学会認定医
日本内科学会認定内科医
柏倉 由実 2005年 日本乳癌学会認定医・乳腺専門医
日本外科学会外科専門医
澤 文 2011年
関堂 充 非常勤 形成外科、マイクロサージャリー、再建外科、移植外科、臍・腹壁再建 1988年 日本形成外科学会形成外科専門医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医
日本創傷外科学会専門医
相原 有希子 非常勤 形成外科、創傷治癒 2000年 日本形成外科学会形成外科専門医
合計 7 名

 

乳腺科の取り組み

乳癌の診療は日進月歩でどんどん新知見が得られてきています。乳癌の治療は、全身療法(化学療法剤、ホルモン療法剤、分子標的薬など)と局所療法(手術、放射線)を組み合わせる治療が基本的な考え方となっています。

診療内容は、乳腺疾患の診断(乳房のしこり、痛み、異常乳頭分泌、検診の精密検査など)、乳癌の治療を行います。乳癌に対しては、より特化した専門診療の形で、信頼と安心の診療を実践・提供していくよう努めます。また、病診連携を通して医師会の先生方と一緒に地域の乳腺疾患医療の発展を図って参りたいと考えております。

 

患者さんへ一言

乳腺疾患に悩むすべての人々に、安心と満足を提供できるよう心がけて診療を行っています。受診当日に必要に応じて、超音波検査・マンモグラフィ等を施行し、その場で診療結果を説明するようにしています。乳癌の治療は、手術・放射線療法・ホルモン療法・化学療法・分子標的療法を組み合わせた集学的治療を基本としています。手術では、組織拡張器を用いた一期的乳房再建についても取り組んでいます。最終的には、病状を総合的に判断したうえで、患者さんと相談、一番良い方法を選択するようにしています。


診療統計(2014年)

5年生存率(2014年12月末日時点)

前のページに戻る