法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 診療・入院・治療の流れ > 診療科目 > 心臓血管外科

ここから本文です

診療科の紹介

心臓血管外科

医師紹介

スタッフ紹介 役職等 専門分野 卒年  資格
軸屋 智昭 病院長 心臓血管外科全般
血管外科、人工臓器 
1981年 心臓血管外科専門医・修練指導者
日本外科学会指導医・外科専門医

佐藤 藤夫 診療科長 心臓血管外科全般
血管外科
ステントグラフト治療
1992年 心臓血管外科専門医
日本外科学会指導医・外科専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト指導医
日本脈管学会脈管専門医
血管内レーザー焼灼術指導医
筑波大学非常勤講師
逆井 佳永 心臓血管外科全般 2004年 心臓血管外科専門医
日本外科学会外科認定医
血管内レーザー焼灼術実施医
川又 健 心臓血管外科全般 2008年
心臓血管外科専門医
日本外科学会外科認定医
相川 志都 嘱託 心臓血管外科全般
下肢静脈瘤
静脈疾患
1997年
日本外科学会外科認定医
日本外科学会外科専門医
日本脈管学会脈管専門医
合計 5 名

 

心臓血管外科の取り組み

冠動脈疾患

冠動脈の狭窄・閉塞により狭心症・心筋梗塞を生じます。外科治療としては冠動脈へのバイパス術が必要となり、従来は人工心肺装置を用いて手術を行っておりました。当院では、人工心肺装置を用いない心拍動下手術(off pump CABG 以下OPCAB)を積極的に導入しております。OPCABは、人工心肺を使用しないことで人工心肺の副作用を回避でき、低侵襲の手術を実現できます。

弁疾患

リウマチ変性疾患が減少し、高齢者の動脈硬化性石灰化大動脈弁と腱索断裂に伴う特発性僧帽弁閉鎖不全症が増加しています。機械弁による弁置換術は、術後の抗凝固療法(ワーファリンの内服)を必要とします。高齢者に対するワーファリン投与の副作用低減をめざして、積極的な生体弁の使用と僧帽弁に対する弁形成術を導入しております。

大動脈疾患

動脈硬化等の原因により、大動脈が瘤化します(腹部大動脈瘤、胸部大動脈瘤)。
瘤の増大は破裂の危険性が高まる為、破裂予防目的として手術治療が必要となります。一方で、突然の胸痛により発症する急性大動脈解離は、発症後速やかな緊急手術が必要となります。保存的加療が可能な急性大動脈解離に対しては、クリニカル・パスに従ってリハビリテーションをおこない早期社会復帰を目指しています。治療方法は、人工血管置換術と低侵襲なステントグラフト治療(TEVAR/EVAR)を行うことが可能です。

末梢動脈疾患

下肢動脈の狭窄・閉塞が原因で、歩くとふくらはぎが痛くなり休むと楽になる場合(間歇性跛行)や安静時疼痛・足趾潰瘍などの症状を認めます。間歇性跛行の場合には、初期治療として、3ヶ月間程度の内服・運動療法を行います。その後、日常生活に支障があるようならば、血行再建術の施行を検討します。一方、安静時疼痛・潰瘍を認める場合には積極的な血行再建術(血管内治療やバイパス術)が必要となります。下腿部へのバイパス術(distal bypass)や、ハイブリッド治療(血管内治療と外科治療の同時施行)など最適な治療方法を提供します。

患者さんへ一言

外来受診について

新患外来は火曜日と金曜日の午前中です。できるだけ“かかりつけ医”や、お近くの医療機関の紹介状をご持参ください。そのほかの外来は予約制です。

月・水・木は手術日です。緊急症例については、救急受付(代表)までご連絡ください。病棟担当医又は救急担当医が対応させていただきます。

大動脈瘤のステントグラフト治療のご相談も、随時外来にて対応させていただいております。

2009年よりペースメーカーの専門外来は、循環器内科が担当しています。

セカンドオピニオンについては随時対応しており、予約制です。お気軽にご相談ください。

診療統計(2016年)

手術統計

1.虚血性心疾患に対する手術 22(29)
1)人工心肺を用いた心拍動下CABG 4(9)(待機4、緊急0)
 2枝病変以下 0
 3枝病変 3
 左主幹部病変 1
2)人工心肺を使わない心拍動下CABG 17(15)(待機6、緊急1)
 2枝病変以下 6
 3枝病変 7
 左主幹部病変 4
3)心筋梗塞合併症に対する手術 1(5)
 心室中隔穿孔閉鎖術+心室破裂修復術 1
2.心臓弁膜症に対する手術 33(37)
1)単弁手術(不整脈手術2件を含む) 26(28)
 大動脈弁置換術 17
 僧帽弁置換術 8
 僧帽弁形成術 1
2)複合手術(不整脈手術2件を含む) 7(9)
 大動脈弁置換+CABG 3
 僧帽弁置換+三尖弁置換 1
 僧帽弁置換+三尖弁形成術 2
 僧帽弁置換++CABG 1
3. 胸部大動脈疾患に対する手術 45(55)
1)解離性胸部大動脈瘤 17(25)
急性13件(Stanford分類A型13件、B型0件)
 上行置換術 11
 大動脈基部置換術 1
 上行弓部置換術 1
慢性4件(Stanford分類A型2件、B型2件)
 上行置換術 0
 上行弓部置換術+CABG 2
 胸部下行置換術 2
 胸腹部大動脈置換術 0
2)非解離性胸部大動脈瘤 28(30)
 上行置換術 1
 上行置換+大動脈弁置換術 2
 上行置換+僧帽弁形成術 0
 大動脈基部置換術 1
 上行弓部置換術 8
 上行弓部置換術+CABG 1
胸腹部置換術 1
胸部ステントグラフト挿入術 14
4.先天性心疾患、その他の開心術 5(11)
 肺動脈血栓摘除術 1
 心房中隔欠損閉鎖手術 1
 心臓破裂修復術 2
 収縮性心膜炎手術+CABG 1
5.末梢血管に対する手術 68(64)
1)腹部大動脈瘤 34(32)
 腎動脈上遮断大動脈置換術 1
 腎動脈下大動脈置換術 12
 腹部ステントグラフト挿入術 21
2)その他の腹腔・末梢血管疾患 34(32)
 末梢動脈血行再建術 15
 膝関節以下の血行再建術 2
 末梢動脈血栓摘除術 3
 末梢動脈塞栓術 5
 下肢静脈瘤手術 1
 その他 8
6. その他の手術 29(30)
 再止血術 9
 大網充填・筋皮弁術 4
 心嚢・胸腔ドレナージ術 6
 その他の手術 10
※CABG(冠動脈バイパス術)、( )は2015年数値

手術数の推移


診療統計(2015年)