法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 診療・入院・治療の流れ > 診療科目 > 緩和医療科

ここから本文です

診療科の紹介

緩和医療科

医師紹介

      役職等 専門分野   卒年 資格
久永貴之 診療科長
緩和ケアセンター委員長
緩和医療 2000年 日本緩和医療学会理事・代議員
    ・緩和医療専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
矢吹律子 医長 緩和医療 2002年 日本緩和医療学会緩和医療専門医
日本内科学会認定内科医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
下川美穂 医長 緩和医療 2003年 日本緩和医療学会緩和医療専門医
日本内科学会認定内科医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
廣瀬由美 医長 総合診療 2003年 日本プライマリ・ケア連合学会認定
  家庭医療専門医・指導医
日本老年医学会老年病専門医
日本内科学会総合内科専門医
児玉祐希子     2011年 日本内科学会認定内科医
鈴木さゆり     2016年  
鈴木李理     2017年  
合計 7名

 

緩和医療科の取り組み

緩和医療科では、患者さんの苦痛緩和を目標とした診療を行い、生活を支える全人的なケアをめざします。当院では緩和医療科は緩和ケア病棟の運営、緩和ケア支援チームの活動、外来診療、在宅医療の支援に取り組んでおります。

茨城県内で最初に認可された緩和ケア病棟のより一層の充実をめざします。さらに、緩和医療の対象となる患者さんを抱える病院の先生方はもとより、地域の診療所の先生方や訪問看護の看護師さん方との連携を密にして、がん患者さんが在宅療養を安心して送れる体制づくりに向けて取り組んでまいります。

そして、患者さんと家族にとってより良い療養生活が送れるように、地域を基盤とした緩和医療の実現をめざします。

 

緩和ケアセンターについて

2017年7月、当院ではより円滑に緩和ケアを提供する体制を整えるため、緩和ケアセンターを開設しました。緩和ケアセンターは、緩和ケア支援チーム、緩和医療外来、緩和ケア病棟、在宅部門等の緩和ケアを統括する院内拠点であり「がん患者さんとご家族が、病気の時期や療養場所に関わらず適切な緩和ケアを受けることができるように支援する」ためのものです。
緩和ケアセンターの詳細はこちらをご覧ください。

アプローチ第65号(2017年10月発行)
ドクターのリレー講座『緩和ケアセンターを開設しました』 PDFファイルで解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

患者さんへ一言

がんという病気になったということだけで、からだや心への負担は大きいと思います。がんは治るようになったとはいえ、治療の負担が大きいうえ、再発や転移が起きるというやっかいな病気です。また、病状によっては痛みや息苦しさ、吐き気、だるさ、といったつらい症状を経験します。

緩和医療は、がん患者さんが療養生活を送るうえで困っていることを率直に相談するところから始まります。来院されたらまず、「患者家族相談支援センター」にご相談ください。電話でも受け付けています。外来診療は月曜日から金曜日の午後、毎日行っております。

緩和医療科のFacebookもぜひご覧ください!
緩和ケア病棟での取り組みや、緩和医療科からのお知らせなど発信しています。
こちらからご覧ください。

内科 専門研修プログラム

緩和医療科では、後期研修医を始めとした研修生を受け入れています。
詳しくはこちらをご確認ください。

診療統計(2021年)

PCU(緩和ケア病棟)・一般病棟(緩和ケア病床)稼働状況

 
  2021年 2020年
稼働病床数(床) 20 20
入院患者実数(人) 339 289
退院患者実数(人) 332 291
【内訳】
死亡退院(人)
199 194
自宅・施設退院(人) 128 93
転院(人) 5 3
転出(人) 8 1
在宅移行率(%) 39.8 35.3
平均病床利用率(%) 87.8 89.0
平均在棟日数(日) 19.2 22.7

入院患者の入院経路内訳

 
  2021年 2020年
予約入院 61 67
【内訳】転院 21 21
緊急入院 165 139
他病棟からの転入 113 83

緩和ケア支援チーム実績

 
  2021年 2020年
件数 246 255
内訳:がん件数 218 219
非がん件数 28 36