法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 診療・入院・治療の流れ > 診療科目 > 病理科

ここから本文です

診療科の紹介

病理科

医師紹介

役職等 専門分野 卒年  資格
菊地 和德 診療科長 病理科 1993年 日本病理学会病理専門医・研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・教育研修指導医
日本臨床検査医学会臨床検査専門医
日本臨床検査医学会臨床検査管理医 
内田 温 医長 病理科 2004年 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
小沢 昌慶 医長 病理科 2008年 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本法医学会法医認定医
以上 3 名

 

病理科の取り組み

病理科は、地域がんセンター、救命救急センター、健診センターなどの各部署から送られてくる多種多数の検体を取り扱い、病理診断を行っています。

業務内容としては、内視鏡検査などで得られた小さな検体(生検)や細胞診検体、手術材料などを通して、病変の性状、特に悪性(がん)かどうかを判定したり、悪性の場合はその進行の程度、範囲などを、顕微鏡を用いて組織学的に確定したりしています。また、術中に病理診断を行う術中迅速検査を通して、手術範囲の縮小、拡大などの治療方針の決定に役立っています。承諾が得られた場合は、ご遺体の病理解剖を通して、疾患についての貴重な情報を提供しています。

その他、病理外来(当院の標本が対象)やセカンドオピニオン外来(外部医療機関からの標本が対象)を開設し、患者さんからの要望があれば、病理診断の内容に関して、病理医が直接説明する機会を設けています。

 

患者さんへ一言

私たち病理医は、担当医と同様に、病気の診断と治療に深く関わっております。
患者さんと直接触れ合う機会は少ないですが、病理検査の内容についてご不明の場合は、担当医を通してでも遠慮なくご相談ください。

診療統計(2018年)

検体数

2018年 2017年
組織診総数 6,721 6,494
生検材料(臓器数) 4,527 4,398
手術材料(臓器数) 1,993 1,915
迅速診断 201 181
細胞診総数 14,721 15,595
健診センター婦人科 10,289 10,685
肺癌検診 544 589
院内細胞診 3,888 4,321
病理解剖 6 7
法医解剖(承諾+司法+調査) 114 142