法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 診療・入院・治療の流れ > 診療科目 > 感染症内科

ここから本文です

診療科の紹介

感染症内科

医師紹介

役職等 専門分野 卒年 資格
鈴木 広道 非常勤 感染症一般 2003年 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本感染症学会感染症専門医・指導医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医・指導医
日本臨床検査医学会臨床検査専門医
日本化学療法学会推薦ICD制度協議会
インフェクションコントロールドクター
日本臨床微生物学会評議員
ECFMG Certificate(米国暫定医師資格)
日本老年医学会専門医・指導医
日本渡航医学会認定医療職
明石 祐作 非常勤 感染症一般
内科診療
2009年 日本内科学会認定内科医
日本救急医学会救急科専門医
国際渡航医学会(ISTM)
Certificate in Travel Health
合計 2 名

 

 

感染症内科の取り組み

2017年7月1日より感染症内科外来を開設しました。
海外から帰国された患者さんの感染症診療や職業感染症診療(針刺し・粘膜暴露)、結核を除く法令で指定されている感染症に対する診療を行っています。
感染症内科では院内の微生物検査室で各種の感染症に対して迅速診断を行っており、特に遺伝子を用いた迅速診断により診断・治療に役立てています。

以下のご紹介・受診に対して対応します。
①最近の海外渡航歴があり感染症が疑われる。
②針刺し・粘膜暴露や感染症が疑われる方との接触があり、精密検査が必要である。

また、仕事・留学・旅行で海外に行かれる方、医療関連機関に入学・実習・就職される方、免疫能低下(脾臓摘出後)がある方に対して専門的な予防接種・抗体測定、抗マラリア薬などの予防内服薬処方を行っております。
詳細はこちらをご参照ください。

感染症には数多くの疾患があり、かつ広い地域での対応が必要であるため、他診療科医師や近隣医療機関と連携しながら対応させていただきます。