法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 診療・入院・治療の流れ > 入院のご案内 > 医療安全・感染対策

ここから本文です

診療のご案内

医療安全・感染対策

本来の医療を受けて頂くために

患者さんとその御家族は、主に患者さん自身の病気の治療のため当院を受診されます。その治療をその患者さんに最も相応しい方法で目標とする治療後の状態まで診療するのが当院の役割です。しかし、この過程で想定外の問題や術後感染・院内感染などのリスクに患者さんを曝してしまうことが少なくありません。このようなリスクを管理し予防することが当管理グループの役割です。究極的には患者さん個人のリスクに個々に対応すべきですが、現実的ではなく所定の規則に則り標準的な取り組みで管理しております。勿論、リスクが万が一発生した場合は所定の手続きに則り個々に対応致します。その原則は下記の指針に示されております。さらに今後は、個々の患者さんや治療内容を見据えたリスク予測に基づいて、患者さん個人々々に必要な医療安全や感染予防の仕組みを取り入れ、より安全で安心して受診して頂ける診療環境の提供を目指すべく努めて参ります。

医療安全・感染管理グループ長 山口浩史

 

 

【ご相談先】
医療安全や感染管理に関する苦情やご相談は、「患者家族相談支援センター」でお伺いしております。