法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > お知らせ > 【新聞掲載】常総水害、被災直後の脳卒中が急増(当院調査結果)

ここから本文です

筑波メディカルセンター病院からのお知らせ

【新聞掲載】常総水害、被災直後の脳卒中が急増(当院調査結果)

病院

 4月13日(水)の毎日新聞(夕刊)・4月19日(火)の朝日新聞(朝刊)に「常総水害における被災直後の脳卒中急増」に関する記事が掲載されました。
 当院 脳神経外科 中居 康展・渡辺 憲幸(現 水戸済生会総合病院)を中心とした調査チームがまとめた内容が、各紙に紹介されました。
 昨年9月の関東・東北豪雨で鬼怒川の堤防が決壊し、浸水被害を受けた常総市の地域で、被災後の1ヵ月間に脳卒中で入院した患者数が前年のほぼ同時期と比べ約4倍に増えたとの調査結果でした。
被災直後の精神的なストレスが脳卒中を引き起こす可能性を示す結果で、この内容は去る4月14日に日本脳卒中学会(札幌市)で発表されました。

ページの先頭へ