法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > お知らせ > がん細胞はこれだ!第3回つくばメディカル塾を開催

ここから本文です

筑波メディカルセンター病院からのお知らせ

がん細胞はこれだ!第3回つくばメディカル塾を開催

病院

9月28日(木)「第3回つくばメディカル塾」を開催!
今回は「病理標本を観察して病気を診断する-君は見分けられるか、がん細胞の顔つき」というテーマで、病理科医師2名、臨床検査技師2名が指導にあたりました。
がん細胞を見つけるには、正常な細胞との違いを知ることが大切!そのため胃の構造や胃がんの種類などを学習し、がん細胞の“顔つき”を学生たちも真剣な“顔つき”で覚えていました。
実習は専用ソフトを使用してバーチャルスライドと呼ばれる、デジタル化された病理標本の観察です。実際は数ミリ程の標本ですが、顕微鏡がなくてもこんなに拡大できるのかと、モニターを見ながらビックリ!
そして最後は、組織診断にチャレンジ!医師から出題された問題に、グループで話し合いながらチャレンジしました。見事難問に正解したグループから「やった!」とガッツポーズが出るほど盛り上がった講座となりました。
参加者の声はこちらをご覧ください。

◇第3回つくばメディカル塾の様子をこちらからもご覧いただけます。

次回は、第4回(10月26日開催)「ケガや病気で失った機能を取り戻せる!-リハビリテーションの世界-」を開催します!医療従事者が講師になって、本物の機材や教材を使用しての体験型医療セミナーに、ぜひご参加ください。次回の開催案内はこちらをご覧ください。

「つくばメディカル塾」は、医療現場で働く様々な職種の体験を通して、病院で行われている医療や介護の実際を知ってもらい、それを担う人材の役割を理解するための体験型セミナーです。

ページの先頭へ