法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > お知らせ > 看護の仕事 やってみよう!第6回つくばメディカル塾!

ここから本文です

筑波メディカルセンター病院からのお知らせ

看護の仕事 やってみよう!第6回つくばメディカル塾!

病院

1月25日(木)「第6回つくばメディカル塾」を開催!
今回は「看護の仕事 やってみよう!-点滴を受ける人の看護-」というテーマで、看護部門のスタッフ14名が講師となり直接指導にあたりました。
数ある看護の仕事の中でも今回は“点滴を受ける人の看護”を体験!
患者さんが“安全で安心”して受けられる看護をするためには、どうすれば良いかを学んでもらいました。
体験では実際に使用している針や医療器具、点滴スタンド等を使用し各チームに分かれ、看護師が細かく指導を行いました。
駆血帯体験は学生さん同士が交代で、血管や神経の位置を手で触れて確認。シリコンチューブを血管に見立てて静脈留置針の挿入体験を行いました。真剣な眼差しで挿入角度などを確認しながら慎重に行っていました。上手くできたときには緊張がとけたのか、ホッとした表情が印象的でした。
滴下速度の調整体験は、どの学生さんもストップウォッチや時計とにらめっこ!“難しい~”との声も聞こえてきましたが、無事に調整を終えると、点滴スタンドを持ちながら歩く人に対しどのような心配りが必要か、患者さん・看護師役を交代しながら体験してもらいました。
全体をとおして学生さんからは「実際の医療器具に触れることができ、とても貴重な体験だった」「針を刺す体験は緊張して手が震えたが普段できない体験だった」「看護師になりたいという思いが強くなった」など多くの意見をいただきました。
参加者の声はこちらをご覧ください。

◇第6回つくばメディカル塾の様子はこちらからもご覧いただけます。

今年度は今回の第6回で終了となりますが、来年度の開催に向けて企画検討中です。ご期待下さい。
興味があるテーマの際は、ぜひ!ご応募いただき各職種の仕事に触れて見て体験して下さい。当院の“ホームページ”や“Facebook”また“つくばファンクラブ”など要チェック!

本日の講師:看護部門スタッフ

ページの先頭へ