法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > お知らせ > ケガや病気で失った機能を取り戻せる!第5回つくばメディカル塾!

ここから本文です

筑波メディカルセンター病院からのお知らせ

ケガや病気で失った機能を取り戻せる!第5回つくばメディカル塾!

病院

11月30日(金)第5回 つくば メディカル塾を開催!
今回は「ケガや病気で失った機能を取り戻せる!-リハビリテーションの世界-」をテーマにリハビリテーション療法科のスタッフ11名が実演を交えながら直接指導を行いました。ケガや病気で失った機能を最大限活かせるようにアプローチしていくため、その役割に応じて「理学療法士、作業療法士、言語聴覚士」がいることを紹介しました。その中でも今回は、理学療法士の“お仕事を体験”!
車いす、義肢装具、補助具などを使用した体験や、脊髄損傷で下半身が動かず、上半身だけが動く想定の「プッシュアップ」(乗り移り)を実際に体験してもらいました!
車いす体験では操作方法のレクチャーを受け、障害物をよけながらの走行にチャレンジ。また義肢装具、補助具の体験では、歩行のバランスを取るのが難しい様子で、特に(坂道を想定した)傾斜がついている台の昇降に悪戦苦闘した場面もありましたが、スタッフから杖の使い方や支え方の指導を受けながら無事に終えると“ホッ”と一息。
「プッシュアップ」(乗り移り)体験では、様々な高さの台に足の力を使わずに、上半身の力だけで乗り移る動作は難しく、腕の筋力アップがどれだけ大切になってくるか、実際の体験を通して感じられたようでした。
参加者からは「実際に体験することで患者さんがどれだけ頑張っていて、療法士の方がサポートしているのかが分かりました。」「病気や事故で体の一部を失った時、生きがいをつくることがリハビリを通してできると感じました」などの声をいただきました。
参加者の声はこちらをご覧ください。 PDFファイル

車いすや義肢装具に関心がある方は、12月15日(土)に開催される『MITO福祉機器展2018』堀原運動公園 武道館(水戸)をクリック!
今回特殊車いすをご提供いただいた(株)幸和義肢研究所(つくば市大白硲)主催です。

◇第5回つくばメディカル塾の様子はこちらからもご覧いただけます。

開催報告展示用パネルはこちらをご覧ください。 PDFファイル

次回は第回(1月24日開催)「薬剤師のお仕事体験-薬を作る技術と使い方のコツを知ろう!-」を開催します!
12月14日(金)~受付開始です。詳細はホームページをご確認ください。
医療人が講師になって、本物の機材や教材を使用しての体験型医療セミナーに、ぜひご参加ください。

ページの先頭へ