法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > お知らせ > 防災ヘリによるドクターヘリの補完的運航に関する協定を締結

ここから本文です

筑波メディカルセンター病院からのお知らせ

防災ヘリによるドクターヘリの補完的運航に関する協定を締結

病院

2月14日(木)、当院を含む3病院(筑波大学附属病院、総合病院土浦協同病院)と茨城県との間で「防災ヘリによるドクターヘリの補完的運航に関する協定書」を締結しました。
この協定は、茨城県及び他県のドクターヘリが重複要請により出動できない場合に、防災ヘリを有効活用して、医師、看護師を乗せて救急現場に向かい速やかに治療を開始することにより、救命率の向上や後遺障害の軽減を図ることを目的として、平成31年7月から運航が開始されます。
協定の締結により、協力病院と茨城県及び消防機関とが緊密な連携体制を構築することで、良質かつ適切な救急医療体制の確立が期待されています。

協定書締結式で挨拶する軸屋病院長

記念撮影(茨城県庁にて)

ページの先頭へ