法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > お知らせ > 外科医の技 縫合体験!2019年度第1回つくばメディカル塾!

ここから本文です

筑波メディカルセンター病院からのお知らせ

外科医の技 縫合体験!2019年度第1回つくばメディカル塾!

病院

5月30日(木)今年度1回目となる“つくばメディカル塾”を開催しました。
今回は「外科の基本 針と糸を使うテクニック-これができれば血管も縫える!-」をテーマに、当院の整形外科医9名が、中学・高校生32名に“外科医の技(わざ)”を伝授しました。
実際に医療現場で使用される、医療器具(剪刀(せんとう)・鉗子(かんし)・セッシ)を使い、まずは皮膚・太い血管モデルの縫合にチャレンジ!テレビドラマで見る手術シーンでは、主人公が“あっと”いう間に傷口を縫い上げてしまいますが、実際に体験してみるとなかなか思うようにはいかず…。ただ徐々にコツを掴んでくると、テンポ良く針を操っていました。参加者からは「縫合は思っていたよりずっと難しく、勉強になった」「とても細かい作業をしているのだなと思った」などの感想が寄せられました。また、顕微鏡・サージカルルーペの体験コーナーでは、さらに細い血管モデルへ挑戦!血管縫合に成功した参加者からは、笑みがこぼれ“達成感”を得られたようでした。
感想の中には「『外科の基本』という事だったので緊張していましたが、先生が一人ひとり丁寧に対応してくださって、段々と上達しているのが実感できた」という声があり、医師に直接、質問や指導を仰げる機会となりました。
参加者の声はこちらをご覧ください。

◇第1回つくばメディカル塾の様子はこちらからもご覧いただけます。

次回開催は近日公開予定です。

ページの先頭へ