法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 研修と教育について > 初期臨床研修 〔研修医〕 > プログラムの内容/p>

ここから本文です

研修と教育

プログラムの内容

臨床研修の理念

  1. いかなる状況でも目の前の患者さんと真摯に向き合える医師を養成する。

    -医師になると、ER・外来・病棟・災害現場など様々な状況に遭遇します。私たちはそのような場面におかれたとき、立ち往生しない医師を育てていくことを目指しています-

 

臨床研修の基本方針

  1. 患者およびその家族を全人的に把握し、良好な人間関係を構築し保つことができる
  2. チーム医療を理解し、実践することができる
  3. 医療安全に配慮した診療を行うことができる
  4. 医療倫理と専門職としての社会的責任を常に意識し、行動できる
  5. 疾病の予防、健康管理、リハビリテーション、在宅医療、緩和ケア等について理解し、患者の基本的診療計画立案に参画できる
  6. 日常遭遇する頻度の高い疾患や外傷(common disease)の診断治療、および救急の初期診療を行うことができる
  7. 医療現場に応じた適切な医療面接と身体診察を行うことができる
  8. 診療情報や診療内容をカルテにわかりやすく記載できる
  9. 自らの能力を知り、適切な時期と方法で上級医や他科医師に患者の紹介・相談を行うことができる
  10. さまざまな臨床的問題点を解決するために、常に自己学習を実践し継続することができる

 

プログラムの名称および協力施設

プログラムの名称

筑波メディカルセンター病院臨床研修プログラム(基幹型臨床研修病院)

プログラム責任者

プログラム責任者
 河野元嗣(こうの もとつぐ)副院長・救命救急センター長

協力病院・協力施設

基幹型病院 筑波メディカルセンター病院
協力型病院  国立大学法人 筑波大学附属病院
東京医科大学茨城医療センター
茨城県立中央病院
独立行政法人国立病院機構 霞ヶ浦医療センター(産科)
茨城県立こころの医療センター(精神科)
水海道厚生病院(精神科)
筑波学園病院(選択内科)
総合守谷第一病院(産科)
つくばセントラル病院(選択内科、産科)
協力施設 二の宮眼科
成島クリニック
つくば辻クリニック
石岡・平本皮膚科医院
茨城県つくば保健所
茨城県赤十字血液センター 
あおきこどもクリニック
つくば在宅クリニック
飯岡医院
倉田内科クリニック
坂根Mクリニック
大和クリニック
北茨城市民病院附属家庭医療センター
ちかつクリニック
つくばキッズクリニック

医師臨床研修に関する様式

クリックするとPDFファイルで閲覧可能です
1 研修プログラム(2021年4月1日開始分) 2 様式10(臨床研修病院年次報告書) 3 様式10 別表(病院群の構成) 4 様式10 別紙1(研修管理委員会名簿と開催回数) 5 様式10 別紙2(患者数・研修医数)6 様式10 別紙3(プログラム概要)7 様式10 別紙4(指導医名簿)

研修の期間割

当院における研修は、病院の機能や他職種の役割を理解するために、看護部、診療技術部、事務部門など全ての部署における研修からスタートします。

産科・精神科は協力病院、地域医療は協力施設での研修となります。
研修ローテーションは研修医各自の研修計画により診療科順序が前後します。

 

2年間の初期研修中の選択コースについて

各々の目標・進路を考慮し、院内の総合診療科、救急診療科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、脳神経外科、泌尿器科、婦人科、整形外科、放射線科、放射線治療科、化学療法科、麻酔科、病理科の研修について選択できます。また、連携する筑波大学附属病院の各科や、市中病院の内科、眼科、耳鼻科、皮膚科、精神科などの診療科の研修を、協力型病院で行うこともできます。

 

研修スケジュール

 研修科 期間  内容
内科(必修科目) 6 ヶ月 入院患者の診療を中心に、臨床医として必要な基本的診療の知識・技能・態度を習得する。循環器内科・呼吸器内科・総合診療科・消化器内科を1.5ケ月ずつローテーションする。
救急部門(必修科目) 3 ヶ月 主な救急疾患の病態を理解し、救急現場で最も適切な処置を迅速・確実に施行するための必要な基本的知識、技術、態度を習得する。
地域医療(必修科目) 1 ヶ月 原則的に1週間ずつ4施設を選択し、地域医療・病診連携について学ぶ。
外科(必修科目) 2 ヶ月 外科の基本的診察法と臨床検査の選択と評価、手術適応の決定、手術手技、基本的な治療法などについて習得する。消化器外科・呼吸器外科・心臓血管外科・脳神経外科・整形外科・泌尿器科・婦人科・乳腺科から選択。
精神科(必修科目) 1 ヶ月 茨城県こころの医療センター、水海道厚生病院、筑波大学附属病院から選択する。
産婦人科(必修科目) 2 ヶ月 霞ヶ浦医療センター、筑波大学附属病院、つくばセントラル病院。総合守谷第一病院から選択する。
小児科(必修科目) 2 ヶ月 救急外来診療および入院患者の検査・治療を通じて、診察方法、基本的臨床検査の選択と評価、治療手技、薬用量、小児保健などについて習得する。
選択研修 7 ヶ月 院内の全診療科、1年目後半からは、協力型病院・協力施設においての選択可能(要調整)。
一般外来研修 内科(総合診療科)・小児科・地域医療研修で「並行研修」として行う