法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 各部門のご紹介 > 事務部門の紹介 > 広報課

ここから本文です

事務部の紹介

広報課

 当法人は、多くの人達の健康保持と増進を図るため、3つの直営事業(筑波メディカルセンター病院・つくば総合健診センター・在宅ケア事業)と2つの受託事業(筑波剖検センター・茨城県立つくば看護専門学校)を行っています。
 このような事業の活動内容や情報を地域や社会の皆さまへ発信する「社会に開かれた窓」の役割を果たすのが広報課です。
 医療や保健に関する情報は、専門用語が多く分かりにくいイメージがありますが、できるだけわかりやすいことばで伝えることに努めています。安定した経営を維持するには法人のビジョンや職員への期待を伝えて組織に浸透させる必要があります。職員への情報の提供も重要な役割です。

広報課長 窪田 蔵人


主な業務内容

  1. 取材の対応
    マスメディア(新聞・テレビ・雑誌など)からの取材の対応
  2. 広報誌や各種パンフレットの作成
    年報、職員向け広報誌「TMC Now」、病院案内ほか
  3. ホームページの情報更新
  4. イベントの企画・サポート
    つくばメディカル塾、市民健康ひろば など
  5. 筑波大学芸術系学生と協働したアートやデザインによる療養環境の改善の取り組み