法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 各部門のご紹介 > 事務部門の紹介 > 購買管理課

ここから本文です

事務部の紹介

購買管理課

購買管理は、病院における物品調達とその補充と在庫管理を行うところです。
病院は様々な職種から成り立っています。よって、その必要とされる物品は様々のものを調達することになります。鉛筆消しゴムから数億円もする検査機器まで、非常に幅広いもの仕入れます。調達には大きく3つあります。薬と材料と医療機器です。どんなスーパードクターでも薬、材料、医療機器がなければ、患者さんを治療することは出来ません。ですから調達はとても重要なことです。しかし、ただ調達をすればよいわけではありません。多すぎない、少なすぎない、必要なものを必要な時に必要な分量だけ購入する。これが基本であり、これが在庫管理です。そして、購入するときの条件は、なるべく安価でありながらも、医療安全に問題がなく、現場が使いやすいものを選ぶことです。これらのことを私たちは使命として、スタッフが一丸となって日々努力しております。

購買管理課長 中島 利子

主な業務内容

  • 医薬品
  • 診療材料
  • 医療機器
  • 一般消耗品(備品・什器):コンピュータ他
  • 印刷物:名刺、各種伝票
  • 事務用品:コピー用紙、トナー、文房具
  • 機器の保守管理・修理
  • 取引先の選定
  • 価格交渉
  • リードタイム短縮
  • 未納管理
  • 予算編成、実績管理