法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 各部門のご紹介 > 診療技術部の紹介 > 第1回 血糖が高いと言われたら

ここから本文です

診療技術部の紹介

第1回 血糖が高いと言われたら

―食生活のチェックをしてみましょう―

(1) 体重は標準体重をオーバーしていませんか。

肥満になると、血糖コントロールが乱れやすくなります。
適正な体重を標準体重といいますが、日本肥満学会では

標準体重=(身長m)2×22としています。

例)身長165cm、体重80kgの人の場合
  標準体重は22×1.65×1.65で約60kgとなります。

 

(2)糖質をとりすぎていませんか。

砂糖入りコーヒーや紅茶、ジュースなど甘い物を飲み過ぎていませんか。

思いのほか、糖分が多く入っています。糖分の入っていない、緑茶、ウーロン茶、紅茶・コーヒーに切り替えてみて下さい。

せんべいや饅頭、ケーキなど間食を摂りすぎていませんか。

食べないことが一番よいですが、我慢できない場合は、まず今より減らしましょう。

果物を食べ過ぎていませんか。

果物の1日の適量は口に入る量で100~200g(手のひらにのる程度です)。
1日の適量の目安
バナナ中1本、または夏みかん1個、またはリンゴ中2/3個、または柿中1個、またはマスクメロン小1/3個、またはすいか3cm厚さの三角形で1切れ。

芋類、かぼちゃなどを食べ過ぎていませんか。

芋類、かぼちゃの1日の適量はさつまいもの場合は小1/2本(70g)です。
さつまいもはふかし芋、やき芋、乾燥芋などでつい食べ過ぎになりがちですから注意しましょう。


前へ12345次へ