法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 各部門のご紹介 > 診療技術部の紹介 > 第1回 血糖が高いと言われたら > 第5回 糖尿病で注意したい食品のとりかた

ここから本文です

診療技術部の紹介

第5回 糖尿病で注意したい食品のとりかた

1. 血糖を上げやすい食品があります。

糖質の多い食品を多く摂取すると、血糖は上がりやすくなります。特に甘いものなど単純糖質を含む食品は、急激な血糖上昇の原因になります。食べる量に注意しましょう。

例)
ご飯、食パン、菓子パン、
麺類(うどん、ソーメン、冷麦、そば、ラーメン、焼きそば、スパゲティなど)、
餅、かぼちゃ、芋類(じゃが芋、さつまいも、里芋など)、とうもろこし、
くり、大豆以外の豆類(小豆、インゲン豆、おたふく豆など)、
コーンフレーク、ホットケーキ、ケーキ、饅頭、スナック菓子、クッキー、
せんべい、ようかん、ジュースなど

2. 糖質を摂りすぎないために

(1) 間食を控えましょう。

  • コーラ、ジュース〔野菜ジュースを含む〕類、砂糖入りコーヒー、 紅茶を控えましょう。
      ⇒緑茶、ウーロン茶、砂糖なしコーヒー、紅茶に変えます。
  • 甘味料(はちみつなども)を控えましょう。
  • ケーキ、和菓子などお菓子を控えましょう。
  • せんべいやおかきを控えましょう。
  • カップめんを控えましょう。
  • 菓子パン(あんパン、ジャムパン、デニッシュパンなど)を控えましょう。

(2)主食だけで食事をすまさないようにしましょう。

例)

  • うどんのみ、そばのみ、ラーメンのみという摂りかたをやめましょう。
  • パンのみ、おにぎりのみという摂りかたもよくありません。

(3)澱粉質の多い食品を摂り過ぎないようにしましょう。

例)

  •  芋類(じゃがいも、里芋、さつま芋など)
  • かぼちゃ
  • とうもろこし
  • くり など

3. では、簡単に注意できることは?

(1)三食とも、主食と、主菜と副菜(野菜)のそろった食事を心がけましょう。
(2)食事はゆっくりとよく噛んで、腹8分目にしましょう。

栄養素のバランスのとり方、適量の決め方は、第4回食品をバランスよく上手に食べるための分量の目安をご参照ください。

 


前へ12345次へ