法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 各部門のご紹介 > 診療技術部の紹介 > 臨床工学科(Clinical Engineering)

ここから本文です

診療技術部の紹介

臨床工学科(Clinical Engineering)

臨床工学科には院内でME(メディカル・エンジニア)もしくはCE(クリニカル・エンジニア)と呼ばれている臨床工学技士が所属しています。
臨床工学技士とは、医師の指示の下、生命維持管理装置の操作および保守点検を行う事を業とすることを定めた『臨床工学技士法』に基づく国家資格を持つ医療従事者で、医学的知識と工学的知識を兼ね備えた医療機器の専門家です。
生命維持管理装置とは、『呼吸、循環、代謝の機能の一部を代替し、または補助する事を目的とした装置』(臨床工学技士法第2条)と定められています。
医療の進歩はめざましく、現在の医療現場では高度化した医療機器が数多く使用されています。それら医療機器の管理を行うことも、医療機器の専門家である臨床工学技士の重要な業務になっています。

当院では、手術室業務、補助循環業務、血液浄化業務、心臓カテーテル業務、植え込みデバイス業務、医療機器管理業務などの業務に臨床工学技士が携わっています。

手術室業務

手術室業務として代表的な業務である人工心肺業務、自己血回収業務を紹介します。

人工心肺業務

心臓や大きな血管の手術をする時、心臓を止める必要がある場合があります。このような手術の時に脳保護や臓器保護のため心臓と肺の代用をする生命維持管理装置が人工心肺装置です。この機械の手術中の操作・管理などを臨床工学技士が行っています。

 

術中自己血回収業務

手術中の出血が多量になると、輸血を行う必要性が出てきます。輸血をできるだけ減らすため、出血を回収して洗浄し、患者さんに洗浄血として返血する機械が自己血回収装置です。手術中この機械の操作を臨床工学技士が担っています。

 

補助循環業務

重症な心不全や心筋梗塞の患者さんなどに対して、機械で循環動態を安定させられるように補助する生命維持管理装置が補助循環装置です。医師の指示の下に機器の操作・管理を業務として行っています。
補助循環装置として、IABP、PCPSがあります。

IABP(大動脈内バルーンパンピング)

大動脈の中で細長い風船をヘリウムガスで駆動させ、心臓への血流を増加させること、心臓の負荷を下げることで補助循環を行う生命維持管理装置です。

PCPS(経皮的心肺補助法)

IABPでも補助が足りないような高度の循環障害に対し、人工心肺と同様に心臓と肺の機能を一部代行することで補助循環を行う生命維持管理装置です。

 

血液浄化業務

腎機能が何らかの原因で悪くなってしまった患者さんに、腎臓の機能代行や、血漿成分から病原物質を取り除く治療を行う業務です。
当院では主に血液透析(HD)と持続的腎代替療法(CRRT)を行っています。

血液透析(HD)

慢性腎不全の患者さんや多くの除去物質を短時間で取り除く時に使用される方法です。
当院では透析のみを目的とした患者さんは対象としておらず、慢性腎不全等により他施設で透析を実施している患者さんが、当院に治療のために入院された場合に主に行っています。

 

持続的腎代替療法(CRRT)

主に、病態が重症化したことにより腎機能が悪化した患者さんに使用します。通常の血液透析では循環動態が不安定になってしまい、治療が困難な場合に用いることが多く、長時間でゆっくりと血液から水分や除去物質を取り除く治療法です。

 

心臓カテーテル業務

心臓カテーテル室、アンギオ室で行われている心臓関連の検査・治療に携わる業務です。
心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈インターベンション、心臓電気生理学的検査、カテーテルアブレーションなどに携わります。

心臓カテーテル検査

心臓の機能や、心臓の筋肉に流れる動脈(冠動脈)の状態を調べる検査であり、臨床工学技士はポリグラフによる心電図や血圧の監視、圧波形の記録解析を行います。

経皮的冠動脈インターベンション(PCI)

冠動脈が狭窄や閉塞している場合、その箇所にバルーンやステントなどのデバイスを用いて心筋への血流の供給を出来るだけ元通りに回復させる治療です。臨床工学技士は、ポリグラフによる心電図や血圧の監視、必要に応じて各種機器(ロータブレーター・人工呼吸器・IABP・PCPSなど)の操作を行います。

 

心臓電気生理学的検査(EPS)

電極カテーテルを挿入し、電気刺激を与える機器(スティミュレータ)で電気刺激を加えながら心臓内各部の電位を記録して、刺激伝導系の機能を測る方法です。これによって、不整脈の原因の精査や治療を行うことができます。臨床工学技士は、ポリグラフによる心電図や血圧の監視などを行います。

カテーテルアブレーション

経皮的に電極カテーテルを心臓内の標的部位に挿入し、電極カテーテルと体表に装着した対極板との間で、高周波通電(Radio Frequency:RF)を行い、頻拍の原因となる異常興奮部位を選択的に焼灼して不整脈を治療する方法です。
臨床工学技士はEPSの時と同様の業務を主に行います。

植え込みデバイス業務

心臓の脈が遅くなってしまう人に使用する植え込み型ペースメーカや、致死的不整脈が発生する人に使用する植え込み型除細動器(ICD)など、植え込みデバイスの手術から外来時の機器点検まで行う業務です。
植え込みデバイスの動作モードの設定や点検にはプログラマという機器を用います。プログラマで患者さんに植え込まれているデバイスから各種情報を受け取り、電池の残量やリード線の状態、不整脈の確認や適切に作動しているかを確認し、医師の指示により必要に応じてモードや設定の変更などを行います。
近年では、自宅にプログラマのような点検を行う機器を置いておき、データをインターネット上のサーバーに送り、そのデータを病院の臨床工学技士が確認するホームモニタリングの業務や、MRI対応デバイスが植え込まれている患者さんの、MRI撮像前後の点検・確認などの業務が増えています。

医療機器管理業務

院内で使用している人工呼吸器・シリンジポンプ・輸液ポンプなどの医療機器を中央管理化して保守・点検を施行すると共に、院内の生体情報モニタや除細動器などの保守・点検も行う業務です。医療機器の安全と信頼性の維持に努め、安全使用に関する情報提供・勉強会などを院内に行っています。また、管理機器の適正な台数を算出し、効率的な稼働が行えるようにしています。

教育体制

新人教育プログラム(2020年版) PDFファイル