法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 各部門のご紹介 > 診療技術部の紹介 > リハビリテーション療法科

ここから本文です

診療技術部の紹介

リハビリテーション療法科

1. リハビリテーションに関する活動方針

  1. 急性期を中心としたリハビリテーションを提供します。
  2. 専門医療・緩和ケアを支援するリハビリテーションを提供します。
  3. 地域の医療機関等と連携し、在宅療養を支援します。
  4. 安全で信頼されるリハビリテーションを提供するため、医療安全活動を推進します。
  5. リハビリテーションにおける臨床成績を明らかにし、リハビリテーション診療の向上に貢献します。
  6. 地域リハ広域支援センターとして、住民の健康増進に関わる活動をします。
  7. 病院内外の医療従事者・リハビリテーション関連職種に対して、教育・研修の機会を提供します。
  8. 職員が生き生きと働くことができる職場づくりに努めます。

2. 当科の特徴

第三次救命救急センター併設型病院としてのリハビリテーション

病気や怪我をされてから出来るだけ早い段階よりリハビリテーションを開始いたします。早い時期から積極的にリハビリテーションに取り組むことで、早期の機能回復や日常生活での不安解消に向けたお手伝いができるように体制を整備しております。

地域がんセンターとしてのリハビリテーション

がんの治療に伴う様々な症状や病気の進行などによる日常生活能力の低下、コミュニケーション障害、飲み込みなどが障害される嚥下障害、また手術における呼吸器合併症などの予防に対して積極的に取り組んでおります。

連携を重視したリハビリテーション

リハビリテーションは、専門職のみでは解決できないことが多くあります。そのため理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の専門スタッフは医師・看護師、介護スタッフ、医療ソーシャルワーカーなどとの連携を十分にとることで総合的な治療を提供できるよう努めております。また、地域において特に回復期リハビリテーション病棟がある医療施設と連携することにより、切れ目のないリハビリテーションサービスが提供できるよう努めております。

 

3. 施設基準

  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料

 

4. 各部門の特徴

理学療法(士) PT:Physical Therapy(Therapist)

理学療法士 29名(内 非常勤2名)(2021年4月現在)

理学療法の対象となる疾患は、脳卒中・脳外傷などの脳神経外科疾患、骨折、靭帯・腱の外傷・関節症などの整形外科疾患、心筋梗塞・心不全などの循環器疾患、呼吸不全・喘息などの呼吸器疾患、がん(手術・化学療法・放射線治療)などがあります。また、肺炎などで一時的な安静により起こる廃用症候群などにも積極的に取り組んでおります。

理学療法の特徴としては、筋力の低下や関節の硬さ、疼痛などの改善を図り、日常生活や仕事で困難なことが起こらないよう、早期から運動療法(起きる、立つ、歩くなどの基礎的な運動)を主体として治療・練習・指導を行っております。また、心臓リハビリテーションや集中治療室(ICU)入室中の超急性期や手術前・直後など早期からも介入し、状態に応じて離床及び活動範囲の拡大、向上を図っています。

生活を送る上で必要な福祉用具や住宅改修(調査)などのアドバイスをしております。

 

作業療法(士) OT:Occupational Therapy(Therapist)

作業療法士 17名(2021年4月現在)

作業療法の対象となる疾患は、理学療法同様に脳卒中・脳外傷などの脳神経外科疾患、骨折、靭帯・腱の外傷(特に手や指を中心)などの整形外科疾患、循環器疾患、呼吸器疾患、がん、廃用症候群などがあります。

作業療法の特徴としては、作業活動を通して日常生活における質の向上(着替え、食事、トイレでの移動など)を目的とした練習、指導を行っております。作業活動とは日常生活や仕事・遊びなど人間生活全般に関わる諸動作を作業療法の作業活動と呼び、治療や援助・指導の手段としています。運動器疾患は手の外科疾患の患者さんが多いため、整形外科医師と相談しながらスプリント(装具)を作成し、治療を行っています。
また理学療法と同じように福祉用具や住宅改修(調査)などのアドバイスをしております。

言語聴覚(士) ST:Speech-Language-Hearing Therapy(Therapist)

言語聴覚士 17名(内 非常勤1名)(2021年4月現在)

言語聴覚療法は、ことばなどコミュニケーションに問題がある方に対して評価や今後の見通しに基づいた治療・指導を行っております。当院の特徴としては、脳卒中・脳外傷などにより起こる高次脳機能障害、一時的な安静や外科手術後の起こる廃用症候群など声や発声の障害に対して積極的に取り組んでおります。

特にコミュニケーション障害に関しては個別の練習に加え集団での練習を行い活動性・病態認識の改善を図っております。また高次脳機能障害に対しては、病態認識を促し、代償手段(メモを取る習慣など)の練習、退院後の生活を想定した指導や関係者への面談を行っております。もう一つの特徴は、様々な問題により起こる摂食・嚥下障害のある方に対して、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士などとともに評価・治療を行い専門的に対応しております。

在宅ケア部門へのスタッフの配置(訪問看護ふれあい・訪問看護ステーションいしげ

理学療法士5名・作業療法士3名 (2021年4月現在)

高齢な方や身体に何らかの障害を持ちながら在宅生活を送られている方を対象として、医師の指示の基に理学療法士や作業療法士が直接ご自宅に伺い、日常の生活や家屋などの環境に合わせたリハビリテーションを提供いたします。日々の生活の問題を専門的に把握、本人・家族とともに解決することで家での生活を快適に過ごしていただけるようサポートしております。

5. リハビリテーションの実績(2020年度)

以下はリハビリテーション開始時と退院(転院)時を比較した表です。

日常生活の動作をバーサルインデックス(Barthel index:BI)という方法を用いて評価しております。
具体的には、食事、移乗(乗り移り)、整容、トイレ動作、入浴、歩行(移動)、階段、更衣、排泄処理、
排尿管理の10項目を、合計100点満点として評価します。

 

教育体制

新人教育プログラム(2020年版) PDFファイル