法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 各部門のご紹介 > 診療技術部の紹介 > 薬剤科

ここから本文です

診療技術部の紹介

薬剤科

近隣調剤薬局向けのお知らせ

目標

「顔のみえる薬剤師」を目指して

はじめに

薬剤師というと、受診された際に窓口で薬を渡している姿がまず思い浮かぶのではないでしょうか。医師や看護師に比べると話をしたりする機会が少ないかもしれません。しかし、病院において薬が使われる場面は多岐にわたっています。それらすべての薬の適正使用のために薬剤科は業務を行っています。

1.業務内容

主な業務内容としては、調剤業務、服薬指導、注射業務、血液業務、製剤業務、医薬品情報業務などを行っています。下記に業務内容を簡単に説明します。

2.業務内容の説明

1)調剤業務

患者さんに処方された処方せんにより、内服薬や外用薬を調合します。なお当院では、夜間救急の患者さんを除き、外来の患者さんは院外処方せんとなっています。

入院調剤

1回服用ごとに薬を袋に入れて作ります。

調剤

1回ごとに分包されたくすり

 

外来調剤

夜間救急外来にかかられた患者さんの薬を作ります。

 

2)服薬指導

入院中の患者さんや、夜間救急外来を受診されおくすりが院内で処方された患者さんに、薬の正しい飲み方や効果などを説明します。当院では病棟に薬剤師が常駐し(一部病棟を除く)、医師・看護師など他の職種と協力のうえ、入院患者さんに薬の説明をしています。

入院患者さんへの説明

救急患者さんへの説明

 

3)注射業務

入院患者さん一人ずつの点滴セットを作ります。また通院治療センターにおいて抗がん剤の混注もおこなっています。

クリーンベンチ内で混注している様子

 

4)製剤業務

市販されていない消毒薬など特殊な薬を病院の中で作ります。

5)血液業務

院内において使用される血液製剤の購入・供給管理を行っています。

6)医薬品情報業務

薬についての情報の収集・分析・整理・伝達などを行っています。
集められた情報は、診療等に役立つようにイントラネット・薬剤通信・医局会等で伝達が行われています。

以上が薬剤科の主な業務内容です。

薬剤師の業務はあまり患者さんには知られていないのが現状です。これからはもっと患者さんに知ってもらうようにがんばろうという意味で「顔の見える薬剤師」を目標にしています。何か聞きたいとかございましたら、お気軽にお声をおかけください。

 

豆知識

くすりの飲み方について

水なしでも飲めるとされているくすり以外は、コップ1杯程度の水や白湯で服用しましょう。水なしで飲むとのどや食道につかえたりすることがあり、ときには食道にくっつき炎症や潰瘍を起こすこともあります。

また、寝たままで飲むと、くすりが食道に長くとどまることになります。寝たきりの場合、上体を起こしてから飲んでもらうようにしましょう。

教育体制

新人教育プログラム(2020年版) PDFファイル