法人トップ > 在宅ケア事業 > 在宅ケアとは

ここから本文です

在宅ケアとは

在宅ケア事業長からのメッセージ

在宅ケア事業のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。

公益財団法人筑波メディカルセンターは、「病院事業」、「健診事業」と並んで「在宅ケア事業」を運営しています。病院や診療所に通院することが困難であり、自宅で療養している方のお宅を訪問して、看護、リハビリテーション、ケアマネジャーによるケアプラン作成等のサービスを提供します。訪問診療(往診)をしてくれる地元の医師のお手伝いもおこないます。病院での入院からなるべく住み慣れた自宅で療養できるように国の大きな方針もあり、高齢化社会を迎えている今、ますます在宅ケアの必要性が大きくなっています。

2000年(平成12年)に介護保険が導入されました。家族だけでは困難な在宅介護を公的保険を使ってサービスを提供するものです。在宅酸素療法や在宅高カロリー栄養療法を行うこともできます。当法人の在宅ケア事業は、1993年に「訪問看護ふれあい」の設立に始まり、現在はつくば市内に2か所の訪問看護事務所と居宅介護支援事業所、常総市内に1カ所の訪問看護事業所を運営しています。つくば市や常総市をはじめとした、茨城県南西部で自宅療養する方へ安心して療養が続けられるようサービスを提供して参ります。

このホームページをご覧になって、在宅ケア事業のサービス内容をご理解いただき、利用して頂くようお願い申し上げます。

 

 

在宅ケア事業長
菊池 孝治