法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 病院の紹介(理念)

ここから本文です

病院の紹介

病院の紹介(理念)

 

理念

地域社会と連携・協働し、患者中心の医療を実践します

活動方針

理念を達成するために、以下の活動方針をたて、病院運営を行っていきます。

  • 患者さんの権利を尊重します
  • 患者さんの満足度向上を目指します
  • 各専門診療分野の急性期医療を行います
  • 地域医療支援病院として、救急と紹介を中心とした医療を展開します
  • 救命救急センターとして、軽症から重症まで区別のない救急医療を行います
  • 茨城県地域がんセンター・地域がん診療連携拠点病院として、専門性の高いがん医療を行います
  • 災害拠点病院として、迅速な災害医療を展開します
  • 退院後に療養が必要な患者さんのため、地域の医療機関等と緊密な連携を図ります
  • 安全で信頼される医療を提供するため、医療安全活動を推進します
  • 病院内外の医療従事者等に対して教育・研修の機会を提供します
  • 診療成績を公表し、医療の質の向上に貢献します
  • 地域社会に必要な医療情報を分かり易く提供します
  • 行政機関と連携し地域住民の健康を守ります
  • 職員・患者・地域住民・地域医療機関の声を取り入れた病院運営を目指します
  • 職員がプロフェッショナルとして最善を尽くせる職場環境を整備します

患者さんの権利と責務

患者さんには以下の権利があります。

  • 平等に必要な医療を受けること
  • 医療の内容について十分に理解し納得できるまで説明を受けること
  • 自らの意思で医療内容を選択すること
  • 必要に応じて診療記録等の閲覧・開示を申し出ること
  • 支払う医療費について説明を受けること
  • セカンドオピニオンについて希望を申し出ること
  • ご自分の診療内容等の個人情報について保護されること
  • 研究途上にある治療を受けるにあたり、その内容について納得できるまで説明を受けること

患者さんには以下の責務があります。

  • 最善で適切な医療を受けるために、病状経過や過去の治療歴などの情報を提供すること
  • 病気克服のために、医療関係者と共同して治療に取り組むこと
  • 円滑な医療サービス体制を確保するために、病院や社会生活上のルールやマナーを遵守すること
  • 検査や治療のために必要な医療費を負担すること

臨床における倫理に関する方針

当院は、患者さんの尊厳及び人権に配慮した最善の医療を提供するために、「臨床における倫理に関する方針」を次のとおり定めました。

  1. 患者さんの人権を最大限に尊重した全人的医療を実践します。
  2. 生命倫理の関係法令や診療ガイドラインなどを遵守した医療を提供します。
  3. 医療機関としての倫理綱領や臨床上の倫理的課題などは、「臨床倫理グループ」を中心に組織的検討を行い、最善の方針を決定します。
  4. 医療の進歩に必要な研究活動(治験を含む)は、法人の「倫理審査委員会」を中心に倫理的・科学的観点から妥当性を審査のうえ、その適否を判定します。

 

情報開示(診療情報の提供に関するご案内)

診療情報の提供については、日本医師会において、主治医が患者さんに病気や治療方法について十分に説明を行い、患者さんとより良い信頼関係を築き、共同して病気を克服することを目的とする「診療情報の提供に関する指針(第2版:平成15年1月1日施行)」が制定されました。

当院では、この指針に基づき診療記録等の開示要領を策定し、診療記録等(診療録・各種検査記録等)の開示を行っております。

診療記録等の開示に関するご質問等につきましては、下記担当までご連絡ください。

情報開示に関するお申し込み・問い合わせ先

〒305-8558 茨城県つくば市天久保1丁目3番地の1
筑波メディカルセンター病院 渉外管理課
電話番号 029-851-3511(代表)
受付時間 月曜日~金曜日(祝祭日を除く)9:00~17:00