法人トップ > 病院トップ > 患者さんサポート情報

ここから本文です

患者さんサポート情報

患者さんサポート情報

当院では患者さんが当院での診療や療養生活に満足し、スムーズに退院・社会復帰できるよう、入退院サポートステーション(通称:SSさくら)で相談を受けています。

SSさくら入口付近

入退院サポートステーション(通称:SSさくら)
患者さんが当院での診療や療養生活に満足し、適正な日数でスムーズに退院・社会復帰できるように、入院前から退院後まで、多職種で連携して支援する部署です。
◇地域医療連携課、医療福祉相談課、入院支援チーム、病床管理チーム、退院支援・調整チーム、患者相談支援センターの6部署が集まります。


相談できる内容

入院前から退院後までのご相談を受け付けています。

入退院サポートステーション(通称:SSさくら)のスタッフ

看護師、医療ソーシャルワーカー(MSW)、事務が連携して支援を行っています。

看護師

医療ソーシャルワーカー

事務員

患者さんを支えるための5か条

  • 患者さんの話をよく聞きましょう。
    患者さんの気持ちや希望を聞いてみましょう。患者さんのがんばりを認めて「ねぎらい」を言葉に出してほめましょう。「ねぎらい」や「ほめ言葉」はお互いのストレスを減らす効果があります。
  • 自分に何ができるかを考えましょう。
    ご家族それぞれに得意なことがあると思います。買い物、送り迎え、話し相手など家族で上手に役割を分担して、お互いの負担を少なくしましょう。
  • 病気の情報を集めましょう。
    病気のことをよく知らないと不安がつのります。不安を少なくするために、本やインターネットなどからできるだけ正確な情報を集めましょう。但し、それらが信頼できる情報か、医師や看護師に確認することも大切です。
  • 患者さんの気持ちや希望に沿っているか、確認しましょう。
    家族は患者さんのことを思うあまり、あれもこれもと過剰に世話をすることがあります。患者さんにとってよいかどうか、見直してみましょう。
  • 家族一人ひとりの生活を大事にしましょう。
    家族が生活をすべてなげうって、患者さんの世話をすることは無理な話です。家族も自分のための時間を作りましょう。近所の人の助けや介護保険を使った在宅サービスなどを上手く活用してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

〒305-8558 茨城県つくば市天久保 1丁目3番地の1
筑波メディカルセンター病院 / 入退院サポートステーション(通称:SSさくら)
電話:029-851-3511(代表)