法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 機能と取り組み > 救命救急センター

ここから本文です

機能と取り組み

救命救急センター

わが国の救急医療機関は一次、二次、三次と大きく3種類に分けられています。

初期(一次)救急医療施設とは、休日・夜間診療所や医師会の先生方が交替で担当する在宅当番医制度など、主として入院を必要としない救急患者を診療する施設をいいます。

二次救急医療施設とは一般の救急病院のことで、全国に約4,000の救急病院があります。特定の病院に負担をかけないために、日によってその地区内の病院が交替で救急患者を収容する病院群輪番制といった制度もあります。

三次医療施設とは、一次、二次の救急医療施設で手に負えない重症患者や救急現場で救急隊員により特に重症と判断された患者を収容する医療機関のことで、救命救急センターで代表されるものです。

この救命救急センターは各病院が勝手に名乗り出るものではなく、国(厚生労働省)が特定の要件を満たした病院を指定するものです。救急医療における一次、二次、三次体制は昭和52年から取り入れられましたが、当初、救命救急センターは人口100万人に一ヶ所(全国に約130ヶ所)の計画でしたが、さまざまな事情により現在では全国に170ヵ所設置されています。

当院では、これら一次、二次、三次の救急患者さんの合計が年間38,000名にも達しており、全国的にみても救急患者数の特に多い病院のひとつです。救命救急センターで扱う重症患者さんとは、さまざまな原因による心肺停止、急性心筋梗塞、くも膜下出血や脳梗塞、脳出血などの脳血管障害、全身に多数の重症な外傷を受傷する多発外傷、全身熱傷、毒物による急性中毒などが該当し、当院では救命救急センター入院数は年間約1,000名程度(毎日数名程度)になります。

救命救急センターはこのように地域医療の中でもっとも重症な救急患者の診療以外に、現場に出動する救急救命士に指示や助言を与え、彼らの研修を担当することが義務付けられており消防機関と一体となって病院前医療の向上に努めております。

当院の救命救急センターは救急外来と重症治療室に分かれています。救急外来は重症の三次救急の患者さんのみならず、この地域の市民の方々を対象とした二次救急も24時間体制で担当しており、救急外来専門医師がおります。NHKのテレビで有名になったいわゆる緊急救命室(ER)と同じスタイルです。重傷治療室に入院後は循環器内科や脳神経外科その他の各専門診療科の医師が治療を担当しております。

実績2016年度

ドクターカー運用実績

消防
診断群
つくば 土浦 常総 取手 西南 筑西 石岡 稲敷 かすみがうら 合計
外傷 37 11 4 31 6 2 91
熱傷 1 1
中毒 6 6
特殊 67 2 7 1 18 3 2 100
心臓血管 34 5 1 9 4 2 55
脳神経系 45 5 9 1 60
消化器系 5 2 2 1 1 11
呼吸器系 9 2 11
合計 204 2 30 6 71 15 0 5 2 335
※特殊:内分泌系、精神系、窒息、婦人科疾患、アナフェラキシー、溺水熱中症、皮膚疾患、前立腺癌、低体温、原因不明のCPA

※ドクターカーとは
病院から医師、看護師が同乗して医療機関搬送前に患者がいる救急現場に直接向うことで、医療行為を迅速に行うことが可能になります。当院では2009年12月7日からドクターカーシステムを運用しています。

ドクターヘリ運用実績

茨城DH 北総DH
茨城
北総DH
千葉
君津DH
千葉
栃木DH
茨城
医師
同乗
防災
ヘリ
下り
搬送
合計
外傷 30 16 3 2 3 54
熱傷 1 1 2
中毒 2 1 3
特殊 2 3 3 3 11
心臓血管 2 3 4 1 10
脳神経系 3 1 4
消化器系 0
呼吸器系 1 1 2
その他 0
合計 35 28 8 0 0 0 10 5 86

※ドクターヘリとは
医療機器や医薬品を搭載した小型ヘリコプターに、救急医療の専門医と看護師が搭乗し、一刻も早く患者に救命治療を行う医療専用のヘリコプターです。
当院はヘリポートを設置しており、ドクターヘリによる救急患者の受け入れを行っています。

救急車搬送件数

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
軽症 183 173 172 228 173 190 173 198 227 217 195 202 2,331
中症 79 99 90 107 92 85 91 93 114 113 91 114 1,168
重症 117 106 119 106 96 83 113 106 125 156 129 133 1,389
死亡 12 5 9 12 3 7 10 7 14 16 6 6 107
合計 391 383 390 453 364 365 387 404 480 502 421 455 4,995

救急外来から救命救急センターへ入院となった患者の内訳

ICU(2A) 死亡 HCU(2C) 死亡
疾患   中枢神経系疾患 187 19 200 24
    【うち脳血管障害】 166 19 147 21
  心血管系疾患 285 86 203 19
    【うち虚血性心疾患】 142 18 54 1
  呼吸器系 41 14 76 15
  消化器系 26 5 51 4
  その他 54 17 108 5
外因   外傷 160 48 263 8
    【うち多発外傷】 52 19 29 0
熱傷 5 1 9 0
急性中毒 34 1 79 0
合計 792 191 989 75

実績2015年度

ドクターカー運用実績

消防
診断群
つくば 土浦 常総 取手 西南 筑西 石岡 稲敷 かすみが
うら
合計
外傷 44 1 17 2 13 6 1 84
熱傷 3 1 4
中毒 1 1 2
特殊 51 11 9 2 1 75
心臓血管 27 5 8 1 41
脳神経系 51 6 9 1 2 69
消化器系 1 3 5 9
呼吸器系 8 1 1 10
合計 186 1 44 2 45 10 0 5 0 293
※特殊:内分泌系、精神系、窒息、婦人科疾患、アナフェラキシー、溺水、熱中症、皮膚疾患、中毒、意識消失、前立腺癌、低体温、原因不明のCPA

ドクターヘリ運用実績

茨城DH 北総DH
茨城
北総DH
千葉
君津DH
千葉
栃木DH
茨城
医師
同乗
防災
ヘリ
下り
搬送
合計
外傷 17 8 9 1 1 36
熱傷 1 1 2
中毒 0
特殊 1 5 1 7
心臓血管 3 1 1 3 8
脳神経系 2 1 4 7
消化器系 1 1
呼吸器系 1 1 2
その他 0
合計 24 17 14 1 1 0 4 2 63

救急車搬送件数

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
軽症 151 200 162 232 235 204 179 188 191 188 199 194 2,323
中症 77 64 75 79 92 84 69 57 75 71 94 77 914
重症 108 92 109 102 90 111 141 131 150 118 114 127 1,393
死亡 3 9 6 6 10 9 8 7 9 14 24 6 111
合計 339 365 352 419 427 408 397 383 425 391 431 404 4,741

救急外来から救命救急センターへ入院となった患者の内訳

ICU(2A) 死亡 HCU(2C) 死亡
疾患   中枢神経系疾患 194 29 166 12
    【うち脳血管障害】 173 28 118 12
  心血管系疾患 302 79 207 12
    【うち虚血性心疾患】 149 16 67 2
  呼吸器系 37 17 97 22
  消化器系 25 5 48 7
  その他 58 20 122 15
外因   外傷 157 56 254 7
    【うち多発外傷】 77 19 72 3
熱傷 6 1 6 0
急性中毒 28 8 48 0
合計 807 215 948 75