法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 各部門のご紹介 > 事務部門の紹介 > 医療情報管理課

ここから本文です

事務部の紹介

医療情報管理課

 医療情報管理課は、医療の質向上と安全管理を支援するミッションを担っています。
具体的には、多くの医療情報の中の、主に入院および外来死亡の診療情報管理を行い、
業務は、1.診療情報管理、2.診療録管理に二分類されます。

初めに、診療情報管理は、大きく5つの情報管理があり、日本病院会認定の診療情報管理士7名が担当、データや情報を加工、分析、編集し活用できる診療統計、諸資料、臨床指標等を作成して医療の安全管理、質の向上および病院の経営管理の支援を行っています。

医療情報管理課長 佐藤 雅治

 

主な業務内容

  1. 既往歴、現病歴、外来通院情報と入院から退院までの診療内容を要約した退院時サマリ情報の管理 
  2. 救命救急センターにおいて扱う心肺停止症例(CPA)等の外来死亡の情報管理 
  3. AIS3以上の外傷情報の登録(日本救急医学会) 
  4. 地域がん診療連携拠点病院に義務付けられた「院内がん登録」と、茨城県に報告する「地域がん登録」の情報管理
  5. 臨床指標の抽出と分析(日本病院会QIプロジェクト)

 この他、診療録管理として、診療記録の文書管理と監査を当課全員で、入院診療録の物的管理を事務職員2名が行っています。

 当院における情報専門職としての診療情報管理士は、事務部21名(医事外来課6名、医事入院課6名、地域医療連携課2名、当課7名)、総務部8名(購買管理課2名、総務課2名、広報課1名、経理課1名、健診センター2名)が配属され、今後の包括的な医療情報管理を見据えた構成となっております。