法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 各部門のご紹介 > 看護部の紹介(理念) > 看護体制

ここから本文です

看護部の紹介

看護体制

きっと見つかる!「なりたい自分」

 

10年後のあなたはどんな看護をしていますか?
職場選びで大切なのは、
将来あなたが目指す「看護師像

そのために必要な"学べる環境"を提供します。
夢を語れる仲間との出会いの中で、自分自身を育てていきましょう!

 

パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)

当院では「患者及び家族に安全な医療を提供すると共に、看護師にとっても安全で質の高い看護が提供できる」ことを目的に2017年度よりPNSを導入しました。
お互いの違いをいかし、協働しながら看護実践ができるよう年間パートナーを決定し、部署内で係長・主任がコアとなるグループを編成します。
個人・パートナー・グループ・部署全体で補完しあいながら安全で、確実な看護が提供しています。

 

 

係長・主任をコアとしたグループ

新入職者・職場復帰者などは、1組のパートナー同士に3人目として加わり、安心して働けるようになるまでの間はともに看護業務を行います。

PNS補完性の原理

お互いが良きパートナーとして、対等な立場で互いの特性を活かし、互いの業務等の不十分な部分を補い合い、確実に実行をしていきます。

救命救急

張りつめた救急の現場でも思いやりを忘れずに不安を少しでも軽くしてあげたい。

 

 

緩和ケア

がんは決して特別な病気ではない。納得して患者さんと向き合う事が緩和ケアの第一歩だと思う。

 

 

救急看護

確かな根拠に基づき真摯に自分の役割を果たしていく。それがプロの条件だと思う。

 

 

在宅・訪問看護

ご自宅で自然な生活を送れるよう何よりその人らしさを大切に寄り添う看護をしたい。