法人トップ > 筑波メディカルセンター病院 > 機能と取り組み > 倫理審査委­員会 > 患者さん向け

ここから本文です

機能と取り組み

患者さん向け

臨床研究とは

人を対象として行われる医学研究のことです。
臨床研究は病気の予防、診断及び治療の方法の改善または開発、病気の原因及び病態の解明ならびに患者さんの生活の質の向上を目的としています。臨床研究は患者さんの自由意思によりご協力を頂いて行われます。当院で実施されている臨床研究は、国の指針のもと、外部の有識者を交えた倫理審査委員会で十分な審査を行った上で実施されています。

臨床研究の参加について

個々の臨床研究で、どのような患者さんが参加できるのか基準が定められております。該当された場合、その研究に参加するかどうかは患者さんの自由意志で決めていただきます。ご本人の意思によらず、医師や他の医療スタッフの判断のみによってご参加頂くことは決してありません。

臨床研究に参加するメリット

医学研究に寄与することで医療への貢献につながるとともに、同様の病気で悩んでいる人々の役に立つことができます。研究の内容によっては、より客観的な評価および専門的な診療を受けることができます。

臨床研究に参加するデメリット

臨床研究に参加することで、採血や検査、来院回数が増える、薬の服用方法が複雑になる等、時間や手間が余分にかかる場合があります。

臨床研究にかかる費用や時間について

原則的に患者さんの費用や時間の負担がないように配慮されております。しかしながら研究の内容によっては保険診療の範囲内で患者さんに費用をご負担していただくことがあります。また通常の診療よりも検査の回数が増えることもあります。研究の内容によっては、患者さんのご負担軽減として、研究者から費用等をお支払することがあります。

研究内容の審査について

実施しようとする臨床研究が科学性、倫理性が共に保たれ適切なものであるか、当院の倫理審査委員会で審議されます。この委員会には、医学・医療の専門家だけでなく、法律の専門家や一般の立場を代表する人など、病院と利害関係のない人も参加します。また、男女両性で構成されています。倫理審査委員会の審議は国が定めた指針に基づいてすすめられ、承認の可否を決定します。

臨床研究への参加を拒否するには

臨床研究に参加するかどうかは患者さんの自由意志で決めて頂きます。過去のカルテを調査する研究等は、患者さんから同意をいただく代わりに、病院のホームページや掲示板で研究内容についてお知らせし、患者さんが参加を拒否できる機会を設けております。このような研究に、ご自身の診療情報を研究に使用してほしくないという場合には、記載された問い合わせ先にご連絡ください。

臨床研究への参加を拒否した場合の不利益について

患者さんが参加を拒否しても、そのことによって、その後の診療等で不利益な対応を受けることは決してありません。

研究参加の同意をした後の撤回について

いつでも撤回することができます。この場合も、患者さんがその後の診療等で不利益な対応を受けることは決してありません。

個人情報の取り扱い

使用する診療情報からは、患者さんの氏名や住所などの個人情報を削除いたします。学会等で研究結果を公表する際にも個人情報は使用しません。また、あらかじめ患者さんの同意を得ることなく、診療情報をその本来の目的を超えて使用することも決してありません。さらに個人情報の漏えいを防止する等の安全管理措置は国の指針でも求められておりますが、当院でも、患者さんの個人情報は厳重かつ適切な管理をいたします。

お問い合わせ

〒305-8558 茨城県つくば市天久保 1丁目3番地の1
公益財団法人筑波メディカルセンター 総務課
電話:029-851-3511(代表)